冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

試乗会

2018.04.17

日曜日に水戸でスカニアの試乗会がありました。


スカニアといいますのは、外国のトラックメーカの名前です。

日本では、日野・いすず・UD・ふそうの4大メーカーがありますが、最近、外国メーカーも日本の市場に力を入れているようです。

スカニア以外で日本で買うことのできるメーカーで言えば、ボルボになります。


今回のスカニアはフルモデルチェンジになるそうです。

見た目は中々カッコよい感じでした。

運転してもこれはトラック!?というような、乗用車のような快適さと、あまりにも普通に運転できてしまう操作性の良さが際立ちました。

今までは、トラックやトレーラーというと、男の働く現場!というイメージがありましたが、この新型スカニアに関していえば高級乗用車のような感覚に陥ります。

あれ?チャイルドシート取り付ける場所ありました??みたいな感覚です。


とにかくこれだけの快適性を備えていながら、410~650馬力の大きなトルクのエンジンでいとも簡単に20トン~40トンの重量のトレーラーを引っ張っていくのですから、本当にびっくりです。


しかしながら、お値段も高価になりまして、中々普通の運送会社が手を出せる金額ではありません。

例えて言うのであれば・・・

六本木ヒルズのような高層ビルに事務所を構えることが出来る会社と、雑居ビルに事務所を構えている会社のような感じです。

このスカニアを導入することが出来る運送会社は、先進的な取り組みを行っている会社だといっても過言ではありませんね。

だって、六本木ヒルズですもの・・・


とりあえず、このようなトラックを入れるような仕事がたくさん出来れば良いなという気持ちを持って帰ることは出来ました。


部品の破損

2018.04.09

数年前に弊社の大型冷凍車の前輪のボルトが走行中に大半折れたことがありました。


乗務員が走行中の異常に気付いて停車し点検したところ、確か8本中5本折れており残った3本のボルトでホイールを止めていた事がわかりました。

弊社では、乗務員全員に点検ハンマーを渡しており、運行前点検を実施していたので、おかしな話だなあと修理に出しました。

原因は、ボルトの締め付けトルクが悪かったという事だったのですが、点検に出してそんなに経っていなかったのもあり、運輸局へこんな事っておかしくないですか?などとボルトの写真と共に経緯について問い合わせてみました。

結果的に、運輸局から「しかるべき部署で対応してご連絡します。」と1度連絡があっただけで、数年経った未だに音信不通です。


まあまあ、世の中こんなもんなんだろうなと思いながら過ごしておりますが・・・


安全運転週間という事で、ふと、思い出してしまいました。

引き続き・・・

2018.04.09

4月6日より15日まで、春の交通安全週間に入っています。


道路では安全週間に関連した取締り?や交通整理等が行われております。

学校も始まるので慣れない通学・通勤路で危ない状況も多々あるので、弊社でも十分に注意していきたいと思います!


今日から4月です!

2018.04.02

今日から4月の業務が始まります。


通勤途中では例年通りに新しいスーツを着た新入社員さんが列をなして駅から歩いておりました。

それを見て、例年通りに自分自身の新入社員当時を思い出してドキドキしておりました。

私の場合、働く意欲というより、学生時代のようにゆっくりと出来ないしんどさや不安の方が大きかったような気がします。

が、働いてしまえば言われたことや会社の方針に乗っ取ってやるしかないので、そんな不安やしんどさも無くなったような感じです。

なんでも未知の世界に飛び込むのは不安なものです。


弊社は零細企業なので、4月だからと言って新入社員さんはおりませんが、この日ばかりは気持ちを新たに頑張ることが出来ます。

お客様の会社にも新入社員さんがいて、私自身も新たな方と出会えるなあと楽しみではあります。


是非、その方々が仕事をし易いようにお客様の会社に定着して働いていただけるようにサポートして頑張っていきたいと考えております。

労働事故の発生です!

2018.03.12

先日、3月10日土曜日の午前中に、納品先で労働事故が発生しました。


どんな事故かといいますと・・・

トラックの荷台から運転手さんが転落して、その際に荷物が一緒に荷台から落下して運転手さんの足首に落ちて骨折しました。

安全靴やヘルメットの着用はあったので、その他部位に関しての怪我はなかったのですが、大変残念に思います。


今後も業務を続けていくに当たり、どういった対策が出来るのか?

このような事故が二度と発生しないように、早急に考えて行きたいと思います。