冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

定義の明確化・・・

2017.05.22

5月も後半になりました。

土曜日より夏日になっておりますが、今週も体調に気を付けて頑張ります!


最近、ニュースでちらほらみる国交省の、「積み込みや取卸し料を明記」に関しての方策が提示されました。


要するに何かといいますと・・・

現状、私たちが提示したりお客様とお話したりして決めている「運賃」は、貨物の積卸しの作業料や待機時間は含まれています。

なので、バラ積みの業務に関しては、パレット積みより料金が変わっていたり、待機時間の長いところに行くときには少し運賃が高くなったりしています。


それを・・・


お客様にわかりやすく提示してください・・・というものです。

「運賃」の定義が、貨物の運送(場所的移動)に対する対価となり、それ以外の役務(荷おろしや待機)に関する対価を「料金」としなさいということです。

その「料金」の中に、「待機時間料」「積込み料」「取卸し料」「付帯業務料」と整理していくらしいです。


なので、例として大阪→東京間のお見積書といいますと、今までですと、1車10万円となるのですが、今後はこうなります。

運賃:8万円

料金-待機時間料:1500円/時間・積込み料1万円/車・取卸し料1万円/車(バラ積みの場合)

料金-待機時間料:1500円/時間・積込み料0.5万円/車・取卸し料0.5万円/車(パレット積みの場合)

と、上記のようなお見積りになると予想されます。


国交省としては、しっかりとした対価を荷主からもらって、それをドライバー育成や賃金に反映させるようにという思惑があるのでしょうが、お客様に関しては、「予算・利益」というものがあるので、業者としてはその料金をいかに低くしていくか?という作業をするだけのような気がします。


これは、コストを適切に収受する方策の一つであるとは思いますが、「料金」にしっかりとした基準がなければ項目が増えたところで意味がないのかも知れません。


早ければ今夏にも標準貨物自動車運送約款を改正し周知期間を経て施行する方針になるみたいです。

少しでも良い方向に動けばと期待することにします。

過積載に関する罰則

2017.05.10

平成29年4月1日より、全国の道路公団にて下記の件が施行されました。


「車両制限令違反者に対する 大口・多頻度割引停止措置等の見直しについて」

です。

要するに、過積載や少しの重量超過が重なると、各運送会社が道路公団より実施してもらっている割引が停止されるということです。


現在であれば、大口や多頻度での利用者である運送会社はある程度の割引があるのですが、これが全くのゼロになるということです。

いくら過積載をして運賃を稼いでも高速道路の割引がなくなれば利益が取れなくなるというものです。


どんどん厳しくなってきますね。

これからは数トン・数百キロの超過でも適用されるようです。


なので、あと少しだけ積んでください・・・的なお願いが聞けなくなるという状況になってくると思われます。


ドライバー不足の上に、積載量の厳格な基準・・・と、いろいろな規制や制約が発生してくるので、今後は運賃の上昇は免れないような気がしないでもないです。






ゴールデンウイーク終わりました。

2017.05.09

ゴールデンウイークが終わりました。


ゴールデンウイーク中には、大阪に戻りそれなりにリフレッシュ出来たと思います。

これから5月病などの話をよく聞きますが、なんとなくわかるような気がする昨日今日です。


などと弱気な事も言っていられないので、早く日常に気持ちを戻して頑張っていきたいと思います。


大阪発の便に余裕がありますので、なんなりとお申し付けください。

5月です!

2017.05.01

今日から5月です!


弊社は、カレンダー通りの営業になっております。(一部の便を除く)


5月も安全運転・無事故無違反で頑張ることができればと考えております!

大型連休に入ります!

2017.04.28

明日より、ゴールデンウイークに入ります。


9連休の企業もあるとか・・・

弊社は、休日を挟む運行等の関係で一部減便をしていますが、カレンダー通りの営業になっています。

※基本貸切運行的な便に関しては、連休関係なく運行しております。(一部、関東→関西向けの貸切便に余裕があります。)


私自身、ゴールデンウイーク中もトラックで運行していた経験がありますが、とにかく渋滞が長くてさまざまな県ナンバーの乗用車があちこち走っていたり、運転が不慣れな乗用車も見かけたりして、とにかく気を使ったような覚えがあります。


折角の連休のお出かけですから、ナビだけに頼らずにある程度ルートを事前に把握して、迷うことなく目的地まで安全に運転して到着してもらいたいです。


とにかく、安全運転・無事故・無違反を合言葉にがんばっていきましょう。