冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

川崎事務所

2016.08.19

東京事務所でも所属の乗務員さんがいますので、その方々の教育・啓発もかねて、大阪の本社と同じ掲示物を用意しました。


これらをきれいに貼ることで、事務所らしくなりました!


今月の目標を掲げていますが、これは社員全員でアンケートをして決めています。

8月は、「見通しの悪い交差点での徐行」でした。

9月は、「滑らかな発進と滑らかな加速」に決まりました。


後は・・・冷凍食品輸送の会社だけあって、冷凍品・チルド品の積載の仕方などを掲示してあります。(凍結したり・解凍したりを防ぐため)


掲示板には、今の時期は夏休みですので、「子供の飛び出しに注意」「不慣れな運転の乗用車に注意」などを掲示しています。


ポスターは全て本社の大戸さんが作成しているのですが、色使いや文字の配置などのセンスが良いですね。

また、色々と増えていってにぎやかな事務所になればと思います!

スタッフ募集

2016.08.18

弊社の東京営業所を本格的に稼働するにあたって、配車・運行管理スタッフを募集いたします!


配車や運行管理の仕事に関しては、ホームページを見ていただければ少しはわかると思います。

が、実際には東京営業所のオープニングスタッフとして、生活の糧としてこれからずっと運送関係の仕事にかかわってみようかな?というやる気のある人であれば、経験者、未経験者を問わず受け入れる気持ちでおります。


給料やその他諸々に関しては、直接東京営業所 オオキタまでお問合せいただくか、もう少ししましたら募集広告が出ますので、それに詳細を載せる予定です。


安定した生活のできる働きやすい会社


生活の糧となる仕事を少しでも楽しくできる会社


を目指して頑張っておりますので、是非お問合せください。


問い合わせ先

東京営業所 大北(オオキタ)  TEL:044-201-8612

後半もよろしくお願いいたします!

2016.08.17

弊社の夏季休暇が昨日で終わりました。

私自身も奈良に戻り久々にゆっくりとしました。


今日17日(水)より徐々に稼働していきます。


と言いながらも、夏季休暇中も貸切便等に関しては通常通り運行しておりました。

帰省・行楽地への渋滞が多発する中、無事故で運行していただいた乗務員さんに関して、感謝いたします。


本日より、通常業務に戻りますが、徐々に体を慣らして無理なくボチボチ頑張っていきましょう!

もちろん、安全に対する意識に関しては、完全に切り替えて、気合を入れて頑張ってください!



後半もお客さまからの様々なお問い合わせ等をお待ちしております!

よろしくお願いいたします!

プレミアムフライデー構想

2016.08.13

今朝の記事で、「プレミアムフライデー構想」なるものがありました。


月末の金曜日に午後3時に退社させて個人消費を喚起する・・・


まあ、なんて馬鹿なことを言っているのでしょうか?

本当にダメ政治の典型ですねえ。


個人消費を喚起するにあたって、サービスを提供する側が必要な訳でありまして、それに従事する方々はプレミアムフライデーを満喫できない訳でありまして、一体誰のための政策なんでしょうか?

労働時間の問題や、同一業種同一賃金など、本当に何を考えているのかわからない政策が多いなあと。


正直なお話、私たちの世代としては、年金等を含む老後の事が気になって仕方がないのに・・・

そういった根本的な話は何も出ないで、消費喚起・・・とは寂しい限りですね。

生活の安定があってこその消費であって、生活の安定のないままの消費はただ単に「刹那的に生きる」を推奨しているとしか思えないのです。

やはり会社でもそうですが、従業員さんは仕事と生活の安定を求めているのであり、刹那的な楽しさを求めているのではないような気がします。

まあ、色々と試してみるのも大切ですが、なんというかしっくりといかない感じがしてなりません。


消費が少ないのは、不況でもなく、生活水準の問題でもなく、成熟しきっているからだろうなと思ったりするのです。


みんなが贅沢を出来る世の中に・・・といってもそれぞれの価値観は違うわけでありまして、それを押し付けられるのは少し違うような気がしない訳でありまして。。

まあ、私自身はプレミアムフライデーには関係のない業種ですので、うらやましがっておくことにします。

メダル

2016.08.09

先日から、オリンピックがはじまりましたね。


日本選手が目覚ましい活躍をしております。

最初は、治安が施設が・・・などと、開催や参加自体を不安視していましたが、さまざまな協議でメダルを獲得されるとそんな不安も一蹴されて、盛り上がる大会になりますね。


でも、いつもこういうものを観戦していると、この競技の裏では壮絶な練習や精神的な葛藤があったんだろうなと考えてしまいます。

そう思いながら見ると、メダルを獲得された方やされなかった方に関してもさまざまな気持ちが伝わってくるような気がします。


大舞台で実力を発揮できる・・・本当にすごいことだと思いますし、私自身そんな大舞台の経験が無いので尚更、感心したり感激したりします。



今後もさまざまな競技が続きますが、何事も起きずにしっかりと実力を発揮していただき、テレビの前の私たちを幸せな気持ちにさせてもらいたいと思います。