冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

ゴールデンウイーク中の運行に関して。

2015.04.14

ゴールデンウイーク中の運行に関しては下記のようになります。


基本的には、カレンダー通りです。

4月29日(水)・5月3日(日)・4日(月)・5日(火)・6日(水)の積み合せ運行はありません。

チャーター便は運行しております。


その他、

ゴールデンウイーク中の貨物の積置き・預かり等のサービスは行っておりません。

5月2日(土)に関しては納品のみになります。小口貨物の集荷等は行っておりません。

                                          (いずれも貸切便は除く)


詳細は、弊社配車担当者(山中・村上)までお気軽にお問合せ下さい。

オーエスライン株式会社   TEL:06-6682-5611  FAX:06-6682-7611

E-mail: osline@muse.ocn.ne.jp

やはり。。

2015.04.14

やはり来ました。。


ゴールデンウイーク前の貨物の集中。。

前もって・・・余裕を持って・・・というお話をさせていただいているのですが、やはりお客様の商売の都合上集中してしまうのですよね。

まあ、それはそれで仕方がありません。。


同じ4月でも余裕のある時はすごくあるのに、少し日程がずれるだけで運賃が高くなり・車両も激減するのですよね。


この3~4日のずれは冷凍食品にとってどのようなメリットがあるのかといつも真剣に考えてしまいます。。


といっても、私たちはお客様の商売上の都合まで左右できる立場にはありませんので、言われた日程で出来る限りの事をがんばろうと思っています!

でも、さらなるコスト削減が叫ばれている中での、このキツキツな感じ・・・なんだか勿体なくて仕方がないのは私だけではないはずです。。


とは、いいつつ・・・関東発の便に余裕がほぼない状態ですが、大阪発~関東向けの便は現在のところかなり空きがあります!

是非是非、遠慮なくお問い合わせくださいませ。(特に関西発~関東向け)

義務と権利

2015.04.11

最近、ある議員さんが辞職を勧められて、それに対して自分の権利を主張して辞職をしないという話題がありますね。


まあまあ、権利は人それぞれに与えられているものなので、それを主張するのは悪いとは思いません。

しかし、義務を果たさずに権利だけを主張するのはいささかおかしな話だと思います。

会社で言えば、お金をもらうけど仕事をしないというのと同じだと考えます。


よく色々な社長さんから、「会社を大きくしたい」「お金が欲しい」「高級車に乗りたい」などという話を聞くのですが、これはその社長さん達にとっての権利になると思います。

しかし、義務の話をされる方の少ない事・・・「業界を良くしたい」「お客さんの要望を聞ける会社にしたい」などというお話ですかね。


私自身、権利は後でついてくるものだと考えていまして、まずは義務を果たさないといけないのではないかと・・・。。


「自分が仕事をすることで、どのような義務を果たせているか?」

「社会で働いている以上、社会に対してどのような義務を果たせているのか?」


を、日々考えて生活をしていかないといけないのではないでしょうか?

自分のするべき義務(ルール等)を遂行していくことで、世の中にどのような影響を与えられるのか?

それによって権利も大きく変わってくるでしょうし、主張せずとも手に入れることが出来るのではないでしょうか?


まあ、最近はブラック企業などが労働者の権利をはく奪したような行為をしているので、このような事柄も中々考えづらいと思いますが、そのような会社はまず継続出来ないと思いますし、こういう企業の経営者程、経営者自身の権利を主張しているのではないかと思います。

なので、自分の働く環境・職場は、見た目の派手さに惑わされずに、しっかりと原理原則に則った事柄を主張しているか?それに近づけようと努力しているか?を見極めないといけないと思います。


弊社もまだまだその域に達してはいませんが、近づけようと努力をしている最中ではあります。


議員さんが権利を主張する世の中ですけど、私自身は頑張っていこうかと考えています。

タクシーの会話2

2015.04.09

引き続き・・・


タクシーに乗ることがありますが、駅から乗る場合は待機しているタクシー、街中では流しているタクシーに乗る事が多いです。


で、今回は「タクシーの乗務員さんってお給料の面で大変ですか?」と、聞いた話をしてみます。

まあ、大変という乗務員さんとそうでもないという乗務員さんで半分半分ですかね。

当然、「何故に稼げているか?」という部分に興味があるので、「そうでもないですよ~」という方に話を聞く場合が多いです。

で、何故か?をまとめてみますと・・・

①一発の大きい稼ぎを期待しない

②担当の区域をしっかりと走ることで、どの時間帯にお客が多いのかを経験値として知っておく

基本的には、この2つのを守ることで稼げるらしいです。。

どこかにずっと待機をして、一発の大きな稼ぎをする人は、大きな稼ぎで無い時に不愛想にしたり、稼ぎの無い時はほぼゼロになったりするらしい。

自分の担当の区域を最初の2ヶ月位は、みっちりと走り込む事で自分の中の経験値を蓄積するべきだと・・・。


なるほど・・・

この方法が正しいとは私もなんとも言えないのですが、ある程度満足した仕事をしている人って、「自主的」な部分を働かせているんだなあと・・・。

これは、弊社の乗務員さんにしても同じですね。


やはり・・・

主体性のある人間は「不安」を持ち

主体性のない人間は「不満」を持つ

これですね。

「不安」があるから、自分が納得できるまで頑張る。

「不満」がある人は、他人を原因にしてしまう。

なんの仕事でもそうなんだなあと。。

たまに、タクシーの中で会話することで移動にかかる運賃以上のものを得られることもありますね。

タクシーの会話1

2015.04.08

なるべく、健康や時間厳守の為に、移動手段は電車や徒歩を使うようにしています。


が、夜に食事などに行った時の移動では、タクシーを利用してしまうこともしばしば。。

「短い距離でも良いですか?」と聞いてから乗ります。

まあ、不愛想にされる方はほぼいないのですが、ついつい聞いてしまいます。

で、乗り込んでからは、「忙しいですか?」などと聞いてしまいます。

最近聞く答えは、「そうでもないですね~」というのが多いですね。

逆に、「お客さんの今行ってきたお店はどうでしたか?忙しかったですか?」と逆に聞かれてしまうことも。。

「私たちも、お店にお客さんが入っているかどうかで仕事量が変わるので、すごく気になるのですよ。」と・・・


なるほどなあ。


それはそうですよね。

「気になりますよね。やっぱり少ないといってましたよ。」と・・・


う~ん。

短い時間のタクシーの中での会話ですが、もう少し希望の持てる話を出来る様にならないといけないなあと、思ったりするのです。