冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

伝える事のむずかしさ・・・

2015.08.25

会社の業務では色々と伝えるという作業があります。


この伝えるという作業が無いとまず、業務が成り立ちません。

1.お客さんからの発注を乗務員さんに伝える。

2.行政からの指導等を乗務員さんに伝える。

3.会社としてやりたいことを従業員さんに伝える。

などなど・・・色々と伝える作業はあげるとキリがありません。


では、伝え方は何があるのかと言いますと。。

1.口頭で直接伝える(電話・対面)

2.文章で伝える(書類・メール)

3.絵で伝える(ポスター・掲示物)

ざっと、こんな感じではないでしょうか?

高等な方法としては、自分の態度を相手に見せて伝える等ありますね(職人風で結構難しいはず・・・)


弊社では、といいますか私の中では伝え方はその内容等によって変える様にしております。

まず行政からの指導やお客さんからの要望等に関する伝達事項は、書類で伝えて従業員さんのサインをもらうことで、周知徹底した事を行政・お客様にフィードバック出来る様にしています。

日頃のコミュニケーション(配車指示等)に関しては、もちろん口頭で伝える様にしております。

最後に、日頃から注意すべき事項は、いちいち口頭で言うのも大切な事なのですが、伝える方も伝えられる方もマンネリ化してしまうので、ポスター等の掲示物にて伝える様にしています。で、もちろん、出来ていない場合は個別に口頭で注意するようにしております。


それぞれの伝える難しさはありますが、やはり対人ということで口頭が一番難しいと思います。

連絡事項や注意事項等の伝達事項に関してはさほど難しさはないと思われますが、指示・指導に関してはそれなりの難しさはあるのでは無いかと・・・。


指示・指導に関しては、言葉をどれだけ知っているのか?指示・指導することに関して自分の知識がどれだけあるのか?が必要になります。

これには、新聞や本の読書を日々することで蓄えていく事が出来ると考えます。

後は、従業員さんに対してもお客さんと接するのと同じように自分の目線を下げて話をする・・・この事が大切になるのではないかと考えます。


自分をわかっていただこう・・・


自分の言いたいことを何としてでも理解してもらおう・・・


これが、従業員さん・お客さん・取引先全てにおいて、人に自分を伝える際に一番大切な事だと思います。

自分の立場が上だから等の理由で、同じ目線で話をすることが出来ない人又は、相手の立場を見て話し方を変えたりする人は、基本的に誰にも自分の言いたいことが伝わっていないと考えても良いかも知れません。


会社を運営している中で、この伝える・理解してもらうが一番難しいのかもしれません。

これさえ出来れば、無事故で過ごすことが出来、お客さんに自分たちをわかっていただけるのにと、永遠の課題ではありますが思ったりします。

とりあえず今は自分自身の知識を高めるしか方法はないですね・・・。

社内バーベキュー

2015.08.24

22日の土曜日に社内でバーベキューをしました。


業務で参加できない方以外は、基本的にみんな参加していただいています。

準備から、実際の調理から片付けまで乗務員さんがしてくれます。


会社としての行事ですが、基本的には全ての乗務員さんの交流の場として考えていたります。

私など事務所にいてると出発・帰庫する乗務員さんとお話しする場面も多少ありますが、乗務員さん同士は、一人一人では話をしたりすることはあっても、業務中は常にバラバラなので、こうして一堂に会して親睦を深めることは意外と少ないのではないかと思って開催しています。


なので、配車の担当者の方には、前回のバーベキューで参加できていない人を優先的に参加できるように・・・とお願いしていたりするのですが、やはりタイミングの問題もあり、中々難しいみたいです。

それでも、今回も楽しく過ごすことが出来たのではないでしょうか?


みんなが楽しく過ごしているのを見ると、改めてこういう行事が続けることが出来る様に頑張っていかないといけないなと思ったりします。

車庫整備2

2015.08.22

コンクリートで地面をキレイにした他に、洗車時の水しぶきが道路に跳ばないように柵を作りました。


これも乗務員さんの手作りです。


スッキリとキレイになりました。


業者さんにお任せすればもっとキレイに出来るのですが、自分たちの手でキレイにするのが、きれいな車庫を持続させる秘訣だと思います。

車庫整備

2015.08.22

お盆も明けて少し涼しくなったので、乗務員さんと車庫整備をしました。


タネナガさん指揮の下、長距離から帰ってきた乗務員さん含めて作業をしました。

車庫周りの草刈りをし、ごみを拾い、コンクリートを張りました。

全て身内での作業です。


仕事の後にみんなで作業をする・・・。

多少の疲れも楽しめる一日でした!



充実した仕事

2015.08.19

充実した仕事の基準ってなんだろうかと考えたりします。


日頃から遅くまで頑張って準備をして、晴れの舞台で結果をだす。又は最大限の力を出し切る。

日々絶え間なく流れてくる仕事をこなしていき、自分の一日の予定が全て問題なく終わった時。

悩みながらも困難にぶつかりながらも、自分自身又は会社の目標を達成出来た時。

などなど、色々とあると思います。


こういう仕事を出来る人を見ていると羨ましくもあり、自分も頑張ろうと思ったりします。

でも、ここで間違えてはいけないのが、自分自身で出来る事をやるのは当然なのですが、それだけをやるというのは本当に充実しているのだろうかと思ったりするのです。

自分自身で出来る事が出来る様になれば、次は自分自身でやらなければいけない事を探してやる・・・これが大切であり、自分自身のステップアップの基本であると私は考えています。

更に言えば、自分自身に出来る事をやるのであれば、時間をいかに短縮できるか?を、目指してみるのも充実した仕事のやり方だと思ったりします。

そうすれば、労働時間内で自分自身で出来るとを効率よく短時間で済ませ、後の時間は自分自身でやらなければいけない事を探すのに使えば良いのです。


弊社でも、たまに暇な時間にぼーっとしている方がおられますが、それなら今の自分の仕事を誰かに任せて外回りをして情報を集めたり、気分転換すれば良いのになあと思ったりします。

微妙に外に出る事が出来ない暇な時間の場合ですと、変なサイトを見るのはダメだと思いますが、ネットサーフィンをして自分の趣味を深めたり知識を深めたりすることは大切だとも思います。

釣りバカ日誌のハマちゃんもそうですしね・・・(笑)


なので、夜遅くまで仕事をした!などアピールされても結果が伴っていなければ私はあまり気に掛けないようにしています。

仮にどうしても夜遅くまで・・・という場合もありますが、それが続くようでは何か工夫が足りない?と自分自身で疑問に思う事も必要だと思います。


そう考えると自分自身で充実した仕事を生み出すのって難しいですよね。。