冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

運転をするに当たって気持ちの持ち方

2017.03.14

運転をするに当たって、普段からどのような気持ちでいれば良いでしょうか?


思いやり

を持つことが一番簡単なのかと考えます。


「譲る・待つ・止まる」

の気持ちがあれば通常は大丈夫かと思います。


道を譲ってあげて、気持ちが悪くなる人はいませんし、自分自身も良いことをした気持ちになるかも知れません。

これを日常にしていくことで、自分自身の中に余裕が生まれます。

その余裕が、運転をする際に周囲の情報を受け止めやすくなる原因にもなります。


結果的に、感情が安定するようになれば運転だけでなく生活全般に於いて余裕が出来るのではないでしょうか?


ということで、弊社も運転手さんの感情が安定するように心がけていこうと考えております。


心(感情)の支配

2017.03.14

事故を発生させてしまう、認知を遅らせる原因は何か?


認知を遅らせる原因と、どのような認知が欠落してしまうのか?を考えてみましょう。


まず。


①急ぎの心理・・・事故を起こさせるように自分自身を追いつめてしまう。

1.冷静な判断の欠如

2.安全情報の見落とし

3.安全確認の省略

②安心の心理・・・注意力を失わせる。(ボーッとしてしまう)

1.緊張感の緩和

2.将来思考の支配

③慣れの心理・・・面倒くさい

1.基本動作の省略

2.注意力の消失

④怒り・心配・悩み・・・感情による行動力の支配

1.集中できない

⑤人任せにする・・・周りも注意しているだろう

1.相手が不意に停止した時に、自分が停止できずに追突してしまう


まだまだ他にあると思いますが、私の習った範囲ではこれです。

認知の遅らせる原因は、運転者に100%あるといって間違いないです。

で、どのような認知が遅れるのか、車両を安全に運転するために必要な事柄が100%です。

要するに、人間が運転するものだから、100%安全に運転なんて出来るはずがないのです。

人間は機械ではありませんから、失敗はあります。


では、それでよいのでしょうか?

人間だもの・・・

本当にそれでよいのでしょうか?

良いと思ったり、そうだよな~と同意したりするのであれば、その時点で運転には向いていないと思います。


そうなのです。

失敗がある人間が、100%安全運転をしないといけない車を運転するのですから、余程の注意や覚悟で運転をしないといけないのです。


なので、運転に集中できないほどの状態で運転するのはダメなことなのです。


やはり、運転をするにあたっては、「運転するんだ!」というしっかりと明確な意思を持って運転することが必要だと思います。


明確な意思を持った運転は大切ではありますが、普段その気持ちをどのように変換すれば事故は減るのでしょうか?



準中型免許

2017.03.13

平成29年3月12日より、運転免許に準中型免許が加わりました。


簡単に言いますと・・・

今まで、普通免許を取得してから2年経たないと4トン車が乗れる免許が取得できなかったのが取得できるようになりましたよ。

というのもであります。


平成19年まで(私が免許を取得した時の法律)

普通~8トンまで 大型~8トン以上

平成19年改正では・・・

普通~5トンまで 中型~11トンまで 大型~11トン以上

平成29年改正では・・・

普通~3.5トンまで 準中型~7.5トンまで 中型~11トンまで 大型~11トン以上

というような感じになります。


中型免許は20歳以上経験2年以上 大型免許は21歳以上経験3年以上という制限がありますが、準中型免許に関しては18歳を過ぎると免許取得が可能になります。

この措置は、貨物運送事業に従事する人材不足を補うことが背景にあると思いますが、安全運転という観点から見てみると普通免許で7.5トンまで乗れるようにして・・・(そうすると昔と同じになってしまいますが)運転教習をもっと充実したものしっかりとしたものにしていけば良いのになあと考えたりします。

18歳という年齢が未熟というのであれば、2年後に初めてトラックに乗れるようになるのは良いですし、どうせ最初からトラックに乗れる免許が取れるようになるのであれば、普通自動車を運転するのもトラックを運転するのも、公道を運転するにあたっての心構えは同じなので、教習や実習を充実したものにすれば良いのに・・・と勝手に思ったりします。


と、言いながらも、免許が取得できたからといって労働環境が良くなければ人手不足は永遠に続くでしょうし、どうせ人手不足なのであれば、安全意識をしっかりと持った免許取得者を出すような方向に向けば良いのになあと。


とにかく、昨日より免許制度が改正されましたので、期待しておくことにしましょう。


心と運転2

2017.03.06

運転とローテーション


人の動作のローテーションは次のようになります。

認知 ・ 判断 ・ 行動

運転のローテーションは・・・

認知 ・ 予測 ・ 判断 ・ 操作

になります。


事故の発生する原因の割合は・・・

認知遅れによるものが70%

・判断ミスによるものが20%

・操作ミスによるものが10%

という統計が出ています。


このデータの意味するものは何か?


1.認知が早ければ早いほど、事故の発生が少ない

ということです。


事故を起こさないためにはどうすればよいのか?

1.認知を早めれば良い

ということです。意外とシンプルで簡単ですね。


では、どうすれば「認知」を早めることができるのでしょうか?

1.認知を遅らせる原因を無くしていく。

ですね。


では、認知を遅らる原因はなんでしょうか?


体調・加齢・感情(心)


いろいろとあると思います。


何だと思いますか?

運転中に、事故を発生させてしまうような認知を遅らせる原因・・・


考えてみましょう。

今週もよろしくお願いします!

2017.03.06

あっという間に3月の第2週に入りました。


今週もよろしくお願いします!

大阪発→東京行き

名古屋発→東京行き

の便に余裕がありますので、何かございましたらお問い合わせください!

TEL:044-201-8612 山中(ヤマナカ)・大北(オオキタ)


頑張ります!