冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

3月です!

2018.03.01

今日から3月です。


朝方は風や雨で大変でしたが、日中は春らしい暖かい気候になりました。

巷では、卒業式や春休みがあり子供たちが街中に出てくるので、運転もより一層注意が必要な時期になると思います。


今月も配送の手配等しっかりと頑張りますのでよろしくお願いいたします!

オーエスライン株式会社

大阪 TEL:06-6682-5611 東京 TEL:044-201-8612


トラックの価格

2018.02.28

最近、トラックの見積もりをとったりします。


本気で買う買わないは別にして、車両価格の動向を知る意味でという半ば興味本位であります。

トラックは定価というものがあってないようなものなので、乗用車のように「これだけ貯めれば買える」という感じではないのです。

そして、年々?新型が出てくるたびに100万円単位で値上がりしております。

実質どの部分に値上げ分が反映しているのかは微妙ですが、とにかく値上がりが激しいです。

例として・・・約15年前の冷凍トラックの価格は、1500万円~1800万円/台だったように記憶していますが、今当時と同じノリ(良いトラックが乗りたいなというノリ)で発注すると、2300万円~2500万円/台します。

1.5倍までとはいきませんが、それなりの価格で推移しています。

では運賃はといいますと、長距離(大阪→東京)の定期価格はほぼ横ばいであります。


でも、昔の乗用車のようにすぐに壊れたりするのではなくて、価格が上がった分故障しにくくなったのでしょう?と思われるかも知れませんが、今のトラックは償却期間でも平気でボンボン故障します。

それも、昔なら気にしなかったような部分を気にしてそこにかかる修理代が半端ないのです。

と、いいながら運行中に故障してしまうのもお客様に申し訳ないので弊社では「予防整備」という概念で修理工場に点検はお願いしてあるはずです。

こんな感じで、修理代も昨年比で1.5倍程かかってしまいました・・・。


まあ、先日のような古い車の疲労破壊的なものなら仕方がないなとも思えるのですが、まだ数年しか経っていない車両の故障に関しては本当に悩ましい感じなのです・・・。

車両価格もあがり・・・修理代もあがり・・・

その上、車両に関してどうのこうのと言われ・・・


とにかくここまで車両の価格が上がると、ディーラーさんへの風当たりも強くなってくるでしょうね。

やはり、トラック新たに買い換えていくより、古い車を使う・見極めて使う方が良いのかもと思ったり・・・

暖かくなりそうです。

2018.02.26

2月の最終週です。


今月は28日の月でしたが、冬季オリンピックがあったり自分自身体調を崩していることもあり、やたらと長く感じております。

今週中ごろは南風の影響で暖かくなりそうです。


病院に行ったり横になったりとすることが多い1月2月でしたが、そういう時にいろいろと考えることがあります。

健康第一ももちろんなのですが、会社組織についてなど仕事の事を考えてしまいます。


会社って最初は気の合う仲間でやっていっている感じがするのですが、いろいろな人たちが参加してくるので「気の合う仲間」といった家族的な組織から、「好き嫌い」の発生する目的を達成するための組織に変わっていくような気がします。

弊社はここ数年、その変換期に差し掛かっております。

どういうところでそれがわかるのかと言いますと、しっかりとした指示やルールの下でしか動かない人々が出てきたということです。

そんなの当たり前だと思う方もいらっしゃいますが、仲間意識の中で業務をしていく上では「阿吽の呼吸」で十分なのです。

しかしながら、人数が増えていくと「阿吽の呼吸」も人それぞれになってくるので、しっかりとしたルール決めが必要になってきます。

例えば、今までざっと流していた事も、「何故それをするのか?」「どうしてそれをするのか?」などといった理由が必要になりますし、指示を出す側の考え方もしっかりと隙がないようにしていかないといけないのです。

結構、それらが抜け落ちてしまっているのではないかと思うことが私自身もあります。

今までは、「勝手に考えて適切に行動してくれていた」ではダメなのですね。

逆に言うと、「勝手に考えて適切に行動するかわからないから、しっかりとした指示をしてあげよう。」の考え方にならないといけないのですよね。


組織が大きくなっていくに従ってやはり人も育てていかないといけませんし、ルールもしっかりと決めていかないといけないなあと思いました。

武士道

2018.02.19

「武士道」という新渡戸稲造氏が書いた本がありまして、30代の初めにはよく読んでおりました。

新渡戸稲造氏の時代の本なので、文章的にも中々書いてあることを理解することが難しく幾度となく挫折しながら読んだ覚えがあります。


先日、何か読む本は無いかなあと書店をうろうろしておりました所、子供向けの「武士道」を見つけました。

久しぶりに読んでみようかと購入しました。

やはり一度読んでいるとはいえ、とても新鮮でした。

新鮮という事は・・・自分の実生活に落とし込めていない「論語読みの論語知らず」なのかなあと反省しました。

やはり本を読む以上は、感動したり実際の生活に落とし込めるのが理想なのです。

しかしながら、今からでも遅くないのでもう一度子供用の本ではありますが、しっかりと読んでおります。


書店でいろいろと本を探すのも良いですし、自分の過去の本を読みなおしてみるのもアリだなあと改めて思いました。

平成13年式の大型冷凍車

2018.02.19

先日、関西から関東に向けて出発する大型冷凍車の後輪のアームが折れてしまいました。


平成13年式の車両ですが、3か月点検も実施し乗務員も運行前点検を実施していたようですが、アームやボルトの折れが発生したようです。

まあ、運行前点検では車体内側のアームやボルト折れの発生は防ぐことは余程の事でないと出来ないと思います。

車検による点検などで防げたのかも知れませんが、後の祭りですね。

この車両で、平成13年式なので現在で17年前の車両になります。

やはり、大型冷凍車のような11トン~13トンの積載を毎日するような作業用の車両はある程度の年代を過ぎると疲労破壊が起きるんだなあと改めて思いました。


因みにこの車両は売却しましたが・・・名残惜しかったです。


経費削減という意味で古い車でも大切に使うという事を実施してきておりますが、やはりある程度の年式になると、作業用の車両はフレーム等も気にしないといけないし、買い替えも視野に入れておかないといけないなあと新たな視点で物事を見ることが出来るようになりました。