冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

もう一度立ち止まって考えてみる。

2018.07.19

7月も半ばを過ぎて、一度立ち止まって振り返ってみました。


自分の中では、売上を上げることが大きな目標になっていて、初心を忘れていました。

とりあえず初心に戻る為に下記のことを考え直してみました。

1.お客さんに十分なサービスを提供できるようにする。

2.お客さんのニーズ(値段?サービス?融通?)を把握する。選ばれる会社つくり。

3.常に新規を意識する。(業務内容や顧客)

4.しっかりとした利益確保

5.従業員が誇りを持てる楽しく働ける会社つくり

6.安全確保・無事故無違反の継続

7.日々の仕事を反省していく

8.従業員の売上、効率を常に最大にする


以上8点に関して初心に戻ってみようと思います。

会社としてというより、自分自身の動きがそのようになるように頑張ります!

暑い日が続きます。

2018.07.17

暑い日が続いてます。


車に乗り込むと、最初に目が行くのは外気温計でして・・・おとといは、41℃となっておりました。

それから走っても、38℃~39℃を行ったり来たり。

外で作業をしていると、まるでサウナのような暑さでありまして、ためしに上半身裸で外でじっと座っておりますと、汗が気持ちよいほどしたたり落ちます。天然のサウナですね。。

そのサウナのような中で、広島・岡山の豪雨災害で被災されている地域の復興作業が行われていると思うと気が遠くなる感じがします。

実際の作業にあたっておられる方々には頭が下がる思いです。

今回の豪雨で亡くなられた方も日に日に増えており、避難に遅れた方、避難を呼びかけ回っている最中の方やいろいろなお話を聞きます。

もっと早く避難をしておれば・・・と報道番組でも聞きますが、実際に自分だとどうだろうと思うと、避難経験がないとそういう行動をとることへの恥ずかしさや、まさか自分が・・・と考えてしまうのもわかるような気がしてなりません。

すこし落ち着いてくれば、この経験を検証すべきだとも聞きますが、少なくてもそうした方が良いと思ったりします。


私自身も会社を運営している中で考えれば、「まさか自分の会社でこんな事は起こらない。」事が多々あります。

「事故」にしてもそうですし、「労働問題」にしてもそうですし、「倒産」といったものもそうだと思います。

余りにマイナスイメージが多いのですが、やはり最悪の状態を考えて行動する対策するのは必要なのだなあと、今回の豪雨災害を通して考えさせられました。

あくまでも自分が出来る範囲の行動や対策にしかならないのですが、少しのきっかけになりました。


豪雨災害に対しては弊社は寄付という形でひとまず応援していく事にしてあります。

なんでしょうか?

2018.06.06

昨日、首都高を走っていると写真のような車を見かけました。


あまりにかわいいので、ダメだとは思いながらも写真を撮影してしまいました。

あと少しがんばります。

2018.05.28

連休明けてあっという間に5月の最終週になりました。


個人的には今月は一番しんどい月ではありましたが、何とか乗り切ることが出来そうです。

今後のお仕事を探さないといけませんし、これからも一生懸命がんばります!


また、いろいろなご相談・案件がありましたら遠慮なくお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

東京営業所 大北(オオキタ)

TEL:044-201-8612