冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

降雪予報でした。

2018.02.02

今朝の都内は雪が降っていました。


私も念のために電車通勤をしました。

かなりの満員でした。

途中用事を済ませて、会社に到着した頃には雪が雨に変わっていました。


しかし、すごく気温は下がっているので山間部などではまだまだ注意が必要ですね。

本当、この1日2日の為にスタッドレスタイヤの装着を考えてしまいます。

でも、1日2日過ぎればスタッドレスタイヤの存在が運転手にとってはストレスになったりするのですよね。


とにかく今日の雪は、通行止めなどが少なくて本当に良かったです。

今日から2月です。

2018.02.01

今日から2月に入りました。


1月も無事に過ごすことが出来ました。

個人的ですが体調不良等もあり、1月はかなり長かったような気がします。

本日夜~明日の朝にかけて関東では降雪の天気予報になっています。

先週より積雪は少ないといいますが、それでも交通に関しての影響はあるのかなと思ったりします。


2月も連休等があり営業日数は少なくなりますが、一生懸命頑張っていきたいと思います!


あと・・・関西→関東の荷物が何かあればどんどんよろしくお願いいたします。


写真は茨城から東京に戻るときのSAにあった納豆です。(大きい)

大雪の予報です。

2018.01.22

大雪に対する国土交通省緊急発表 平成30年1月21日

○関東甲信地方や東北地方では、明日22日昼頃から23日朝にかけて、太平洋側を中心に広い範囲で雪が降り、東京23区など、普段雪の少ない平野部を含めて大雪となるおそれがあります。

○大雪による立ち往生等に警戒が必要です。

○不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、チェーンの早めの装着等をお願いします。

○大雪が予想される地方整備局においては、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定です。 ※別添もご参照ください


国土交通省より、昨日から緊急発表という形で本日の関東地区の積雪に関する情報が流れております。


弊社でも乗務員に注意喚起及び積雪時の準備(チェーン等)の確認はしましたが、今後の道路状況によっては延着等の恐れがありますのでご了承ください。

尚、延着等に関する情報に関しては、明日の朝以降にわかると思います。


安全運転会議

2018.01.17

お客様主催の安全運転会議がありました。


弊社は、配車アシスタントさんと一緒に行ってきました。

お客様主催の会議は大体が、事故事例による対策や周知徹底な部分が多くの議題です。


資料を見ると「うんうん」・「そうそう」・「そんなことあるの?」みたいな話が多いのですが、現実には多いのです。


私自身もこれまで自分の経験やお客さんのお話やはたまたこの手の会議の参加経験を踏まえて対策を練ってきましたが、中々難しいのが現実です。


でも、一つ言えることは、運転手さんに責任を持たせることが一番良いと思います。

こう言ってしまうと、色々と問題があるのかも知れませんが、運転手さんが受け取った以上運転手さんの責任になるのが現実だからです。

なので、商品の積み付けや乱箱や表示間違いに関して弊社では厳しく伝えるようにしてあります。

また、そういう風にしておかないと、会社の営業と現場の印象がかい離してしまう恐れがあるからです。

ホームページや営業の際にはきれいごとを言いながら、実際の現場ではそれが徹底できていない・・・

私自身が思うことは、会社がしっかりとしていると、営業しなくても仕事はどんどん入ってくる・・・です。


今回のような会議をすることで、ちょっとした緊張感が得られるのでさまざまな会社の安全会議には積極的に参加していきたいと思います。

今年は基盤をしっかりとします!

2018.01.15

今年は本格的に任せてみようかと考えています。


自分自身が思ったようにならない原因は、自分自身にある。

中々独り立ちしないなあ・・・と思っていたら、実は自分自身が手を掛けすぎていた。

なんて事があるのではないかと考えるようになってきました。

もちろん会社を運営している以上は、それ相応の責任は発生しているので先手先手に気になってしまうのですが、それをすることで頼り切られてしまっているような気がしてならなくなりました。

これから更に世の中が厳しくなっていく状況において、しっかりとした基盤が会社運営には必要になってきます。

従業員全員がとはいいませんが、各々の持ち場で軽く考えていくのではなくて、深く考えていく必要が出てきますし、深く考えれる人がいる会社でないと生き残っていくことは出来ないと思います。


と、いうことで今年は多少しんどくなっても手を差し伸べずに我慢して見守ることをしていこうと思います。


とにかく基盤をしっかりとしないと・・・