冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

本当に大切な責任感とは・・・

2015.10.26

責任感という気持ちをどこに持っていくのか?どこに持っていくように指導するのか?を考えたりします。


これは、「優先順位」に何を持ってくるかで大きく変わってくるような気がしたり・・・。

運送業界で優先順位の上位に来るものと言えば・・・

1.安全運行 2.確実に荷物を届ける 3.時間通りの運行 4.コストを考えた運行 などなど。

それに対しての責任感はそれぞれで・・・

1.安全運行・・・2.3.4の項目は後回しでも、とにかく安全運行をする為に対応をする責任感

2.確実に荷物を届ける・・・1.3.4の項目は後回しでもとにかく荷物を確実に届ける責任感

3.時間通りの運行・・・1.2.4の項目よりも時間どおりの運行を優先させる責任感

4.コストを考えた運行・・・1.2.3の項目よりもとにかくコストを優先させる責任感


まあ、極端な話になってきますが・・・正直な話どれも非常に大切です。

どれも大切で、どれに対しても責任感を持ってもらいたいので、教育・指導する上ではついつい全てを網羅した形になってしまいます。


でも、これらの中で一番大切なものは何か?を考えてみるとやはり、弊社の理念・・・「継続した運営」の点からいくとやはり、1の「安全運行」に成るわけでありまして・・・。


当たり前やん・・・


と、思われる方も多いと思いますが、やはり経済活動をしていると、どうしてもその部分に妥協してしまったりするのです。

で、経済活動を継続するために妥協する部分が出てくるのも確かなのです。


でも、それではダメなのです!


判りやすく言えば、「安全運行に於いて、妥協してはいけない部分」を明確化し、その部分に於いての責任感を持たせるように教育・指導していかないといけないなと。


極端にならずに、現状を十分に考えた中で妥協をしない部分を明確化する・・・非常に難しいところではありますが、年末に向けて少しでも早く体制を整える事が出来ればなあと考えています。

チームとして・・・仲間として・・・

2015.10.23

阪神高速道路の湾岸線工事による通行止めも明日の早朝で終了ですね。

これからの時期、東名・名神・西名阪自動車道路の工事による通行止めがちらほら出てきます。

雨が少ない等の季節柄どうしてもこの時期になってしまうという話を聞いたことがあります。


弊社は、相変わらず毎日、どのようにすれば、交通事故が発生しないか?どういう管理をすれば車両故障を未然に防げるのか?それで頭が一杯でございます。

事故にしろ、車両故障にしろ、起こしたくて起こしたわけではない・・・や、機械ものだから仕方が無いなどの意見をたまに聞くことがあるのですが、そうではなく出来る限り予防する事は出来ると思うのです。。

まあ、健康を気にしていてもガンになりあっという間に亡くなってしまう方もいることを考えれば、未然に防ぐことの難しさは痛感させられますが・・・。。


とりあえず、現在の実施項目としては、乗務員さん全員ではありませんが可能な限り、LINEを使って毎朝の挨拶を実施しております。

ほんの気休めではありますが、毎朝の朝礼や点呼と同じようなもので、安全に対する言葉が無意識のうちに習慣になればよいなあと考えていたりします。

後は、乗務員さん同士のやり取りを義務にすることにしました。

理由は、あまりやり取りのない乗務員さんが居た場合、その方が間違ったことをしていても、やり取りや繋がりが希薄なために気づかない、それで良いと勘違いしてしまうという割合が多いことに気づいたからです。

以下のような感じ・・・

声を掛ける→あまり返事が無い→声を掛けなくなる→間違った事をしている→返事が無い人に対して注意はしない→本人はそれで良いと思う・十分に出来ていると勘違いする→人の言うことを聞かなくなる→ますます声を掛けられなくて孤立する→・・・


抽象的な言い方ですが、このような感じです。

今までは本人の性格や資質の部分だと思っていたのですが、弊社のような小さな会社は、会社全体がひとつのチームであり仲間であるので、そのような事が発生すること自体、おかしいと考えないといけないのです。

と、思うこともあり、弊社では数台で同じ行き先で運行することが多いので、運行毎にリーダーを決めてそのリーダーに一緒に運行している仲間に状況の確認をしてもらうようにしました。

まだ、はじめたばかりでしっかりと運用されているとは思いませんが、これから問題点を見つけ出して、しっかりとした制度にしていこうと考えています。


私も含めてこれからはオーエスライン株式会社というチームとしていかに頑張れるか?営業・実務・安全運転・質の向上も含めて精査し努力していけたらなあと考えております。

良い季節になりました。

2015.10.13

良い季節になりました。

10月に入ってあっという間の2週間でした。

日中と朝晩の気温差も少なくなり、衣服の調整等に気を遣わなくて済むので体調管理もしやすくなるのではないでしょうか?


事故防止の為に先日から行っている乗務員さんとのコミュニケーションの場として設けたLINEですが、徐々に人数も増えてきてうれしい限りであります。

私から発信する内容は、安全の事や業務に関するお知らせなどですが、たまに乗務員さんからの発信もあり、最初にしてはとても良いのではないかと考えています。

今後は、マンネリ化しないようメリハリのある内容ややり取りでまずは年末まで続けば良いかなあと考えています。

年末まで続けば、来年3月まで・・・それが続けば来年9月までと乗務員さん同士の交流の場として定着すると同時に、なんでも言える・提案出来る・注意しあえる会社風土が出来れば良いなあと思っています。


今後は一切、事故等で周りの方々にご迷惑を掛けないように色々な取組を実施して努力していきます。

さらなる安全運行に向けて

2015.10.06

先日の事故発生より色々と社内で話し合いをしておりました。


安全講習を開催し、ヒヤリハット講習を実施し、デジタコによる運転管理をし、その他さまざまな安全運転活動を実施してきたのに何が足りなかったのか?


運送業をしている以上、事故というリスクは避ける事が出来ませんし、想像をしないでいる事も出来ません。


リスクがあるから何とか避ける様にする・・・想像できるからそのようにならないようにする・・・それが私たちの業務の一つでもありますし、継続して会社を運営していくうえで一番大切な事だと考えております。


今回、色々と見たり聞いたりした結果、乗務員さん同士のコミュニケーションに欠落があったように思えました。

薄々私自身及び会社としても気付いていたのですが、個人の問題だからということで気にしていなかったのもあります。

実は、過去を遡ってみるとコミュニケーションが活発な時期には事故が少なかったりしているような気がするのです。


なぜか・・・


普段の何気ない乗務員さん同士のやり取りの中で、自然と安全運転意識が出来ているのではないかと思うのです。


講習会の理解度がバラバラだったとしても、何気ない普段の会話の中で理解度が均されてくるのではないかと・・・


もちろん会社として今後はもう少し乗務員さんとのやり取りの質を上げていく作業はしていきますが、さらなる安全意識の向上を目指して当分は乗務員さん同士の現場でのやり取り・コミュニケーションを活発化していこうと思います。


私自身もはぐれている人がいたら、それを個性と認めずにどんどん仲間に入るように指導していきたいと思います。


そうすることで、会社一丸となった安全意識が出来上がるのではないかと考えております。

残念なことがありました。

2015.10.01

9月25日に残念な事がありました。


高速道路上での追突事故です。

安全運転への取り組みを色々と試行錯誤しながら行ってきましたが、結局、事故を発生してしまえば何もならないのです。


事故を発生すると、関わった方々へ多大な迷惑を掛けてしまう・・・

そういう話もこんこんとしてきたつもりでしたが、まだまだ不十分だったようです。


運送会社として社会的に迷惑を掛けてしまったことを反省するとともに、今後は些細な事故を含めて一切発生させないように努力していきたいと考えております。


申し訳ありませんでした。