冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

会社の立場

2016.11.17

私自身は、会社としての立場というものは、それぞれの持ち場と責任の重さで「業務」が決まっているだけで、上も下もないと思っています。


ただ、ダメなことはダメと注意することはありますが、上からというわけではなく、その人の事を考えて「同じ立場だと恥ずかしいよ・・・」的な感覚でお話をしたりします。

と、いっても中々そこらへんが難しいのか、弊社では気を遣わなくて良い部分にまで気を使いすぎて業務に支障が出ていたりするのを見かけます。

おのおのの持ち場をよく理解せずに、ただ単に流れ作業として業務をしているからこのような「変な気の使い方」が出てきているのですねえと、思ったりします。

はたまた、気を使わないといけない部分なのに、上からの立場で話をしておかしなことになっていたりするのも見かけます。


私は、社長という立場からお話をしたり指示を出したりしますが、同時に従業員さんという立場からのお話や、時には指示を聞いたりします。

要は、「話の中身は何か?」が重要な訳でありまして、それには立場の上下はないと思っています。


と、言いながらも私自身「オセロの隅を既にとってある状態で話を聞いてくるので、答えが決まっている・・・違う答えをいっても覆される・・・」と従業員さんから言われた事があります。

私自身としては、自分の意見をしっかりと持ったうえで客観的に判断をしてもらおうと意見を聞いているのですが、あまりに自分の意見をしっかりと持ちすぎているからだと思うのですが、違う意見を聞き入れる余裕が無かったりすることもしばしば(殆どかも知れませんが・・・)


傍から見れば従業員さんの立場でのお話を聞いていないじゃないか?と言われてしまい、全く否定できないなあと思ったり。

でも、理想としては立場の違いだけで上下関係はないので、意見を徹底的にぶつけて納得出来るまで話し合いをしたいなあと思ったり。


先日、徹底的に意見の違いを話合ったことがあります。

話の最中には、自分の意見が何故否定されないといけないのか?と投げやりになったりしかけました。

最終的にどうなったのかと言いますと、「お互いに新たな発見が出来た」ということでした。

そこに行くまでには、気持ちが昂ったりなえたりと少し大変でしたが、「こういう考え方もあるのか」という意見に落ち着いた時には、山の頂上に到達した爽快感もありました。


ただの話をしている時には、こちらも流すように話をすれば良いと思います。

そして、強い意見をいってくる人には、自分自身も粘り強く意見を言い続けないといけない上、説得させるだけの知識や材料も必要になります。


やはり自分の信じている意見を聞いてもらう際には、仕事ならなおさらですが、徹底的に話をすることも必要なんだなと、今さらながら思いましたし、大人な感じを演じている上で(いわゆる全てにおいてまあまあ的な・・・)しっかりとした仕事が出来るのか?もはなはだ疑問に思えてきました。


立場が違うから意見を言えない・・・


ではなく、立場が違っても上下は無いのだから信じた意見を言ってみる・・・


が、大切なのかも知れません。

老人の交通事故

2016.11.15

最近、老人の運転による交通事故に関するニュースがよく出ています。


身体的な衰えや不調が車の運転に影響を与えていることがよくわかる現象ですね。

運転徘徊なるものもあるらしく、痴ほう症の方々が身体的な疲れを脳に伝える機能がマヒして延々と運転をしてしまうそうです。

で、身体的な疲れが当然出ているので、判断ミスや操作ミスをおかして大きな事故の原因になったりします。


今朝も政府内では緊急の会議が開催されているというニュースが出ていました。

どのような対策が練られるのかわかりませんが、仮に一律免許の返納等の法律が出来てしまうと、車の運転が生活の一部になっている人たちにとってはかなり生活環境が変わるような気がします。


私も子供のころには自家用車なんてありませんし、電車が1日数本しかないところで過ごしたこともありますが、それに合わせた生活をしていた為か当時はそんなに不便には思いませんでした。

が、車に乗ることが出来るようになっている今は、いくら公共交通機関が充実しているとはいえ、車が無いと不便に思えてしまいます。

自動運転できる車も期待されていますが、私の年齢でもナビの目的地を設定するのに四苦八苦しておりまして、正直どうなんだろうと考えたりもしてしまいます。


最終的には車は便利ですし、自分自身で好きな場所に行きたい、気分転換もしたいという気持ちもあるでしょうから乗ってはいけないと言えませんが、まずは身体的な衰えによる運転に対する評価がしっかりと出来るようになれば良いような気がします。


飲酒をすると運転はダメ

身体的な衰えがあると運転はダメ


というような、明確な評価や基準があれば自覚できるので、まずはそこがしっかりと遠慮なく出来るようになれば良いのかなと思ったりします。

先行きの事は

2016.11.11

アメリカ大統領選挙も終わりまして、少なからずドキドキした数日を過ごした方も多いのではないでしょうか?


といっても、候補が2人いればどちらかが当選するのでありまして、確実にこちらというのであれば選挙をする必要がなく。

今はデモが行われているというニュースを聞きますが、ルールに則った選挙結果ですから仕方がありません。


といいながらも、テレビ・ネット等の報道を見ていると優勢では?と出てきたところである意味手のひらを反すようなお話が出てきていることに、まあどちらでも対応していかないといけないんだからそうなりますよね・・・とも思ったりします。


結局は英のEU離脱にしても、予想と違った結果が出ていることを見ていくと、どのような結果が出るのかある程度予想して動くより、結果が出てそれによる市場の動きに、なるべくリンクするように準備をしておいて動けるようにしておくことの方が大切なのかも知れないと考えたりします。


焦らず後追いで大丈夫。


その代わり市場にリンクできるように、アンテナは張っておく。


これを今以上にしっかりと実施していかないといけないなあと思いました。

中古トラック市場から見えるもの

2016.11.09

現在、大型冷凍車を発注したとして・・・納車は来年の9月~再来年の1月になるようです。


その結果、中古車市場でのトラック価格が大きく上がっています。

今まで100万キロを超えたようなトラックに関しては、ほぼ値段がないような感じでしたが、今では500万円する車両もあります。

中には70万キロ走行のトラックで、新車より高いものも出ていたりします。


凄いなあ・・・と


まあ、運転手さんが集まれば何としてでも雇おうという運送会社の姿勢が見えてきたりします。

それだけ、運転手不足が深刻であり、売り手市場になりつつあるという事ではないでしょうか?


といいつつも、大型トラックは2000万円を超える値段をしますから、やみくもに導入しても減価償却が大変ですし、売り手市場がこのまま続くとも考えにくい状況ではあると推測しています。

売り上げを増やすことも大切ですが、運送会社の場合、それに伴う費用が発生するのも実際です。


先行き不透明な世の中ではありますから、こういう時こそ客観的に自社を見つめなおすことで、質の良い運送を提供できるような気がするのです。


といいながら、弊社も車両が数台余っておりますので、人員の募集はしておりますが、やみくもに費用が増えるような売上高目標はやめておこうと考えています。


それよりも、従業員さんがどのようにやりがいを持ち、生活感をしっかりと感じながら働ける場所を提供できる会社にしていくことを目標にしていこうと思います。


中古トラックの価値は、物の価値としてそんなに変わる事はないので、しっかりと価値を見極める人になっていきたいと思います。

関東所属ドライバー募集!

2016.11.02

東京営業所所属の大型ドライバーを募集しています。


大型といっても8トン冷凍車です。

8トン冷凍車とは・・・見た目は4トン車と同じですが、積載量が7トン位まである冷凍車です。


今まで4トン車に乗ってきたけど大型免許がない・・・という方の為に、弊社で免許取得のためのサポートもいたします。

・月給30万円~その他手当あり

・休みは事前の申請で取得ができます

・川崎を拠点とした、関東地場(神奈川・東京・埼玉・千葉)運行です。


※その他、興味のある方は、

オーエスライン株式会社 東京営業所 

TEL:044-201-8612 メール:osline@muse.ocn.ne.jp

求人担当:大北(オオキタ)まで

よろしくお願いいたします。