冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

4月になりました。

2017.04.03

4月になりました。


新年度ですね。

都内では桜も満開です。

私も、一人で目黒川の桜を見に行きました。

かなりの人混みでした。

都会に住んでいても、きれいなものや自然に癒されようとしている人が多くいてなんだか、人混みに安心してしまう自分がおります。


これから暖かくなっていきます。

今週4月6日より15日まで、学校の新学期と同時に、春の交通安全週間に入ります。


今月も安全運転・無事故無違反で頑張っていきます!


4月を通して、大阪発の車両に空車がありますので、大阪→関東向けで荷物がありましたら、よろしくお願いいたします。

料金等のご相談に応じます。(小口時間指定等除きますが・・・)

3月最終週です。

2017.03.27

3月も最終週になりました。


今朝はお彼岸も過ぎたというのに、都内では雪やみぞれがちらほらと・・・

千葉県の中部では雪が降っているようです。


今週も活発な荷動きを期待して、1週間がんばるようにしますので、よろしくお願いいたします!

本日より!

2017.03.21

本日3月21日より、弊社山中が東京営業所に異動になりました。


東京の配車に関しては、山中・大北にて対応しますのでよろしくお願いいたします!


再度・・・

〒210-0869

神奈川県川崎市川崎区東扇島17-7

マルハニチロ物流川崎第2 401

TEL:044-201-8612  FAX:044-201-8613


大阪発→関東向けの便に余裕があります!

是非、大阪発の配送のお話があればどしどしご相談ください!


お客様のご予算に合わせます!

運転をするに当たって気持ちの持ち方

2017.03.14

運転をするに当たって、普段からどのような気持ちでいれば良いでしょうか?


思いやり

を持つことが一番簡単なのかと考えます。


「譲る・待つ・止まる」

の気持ちがあれば通常は大丈夫かと思います。


道を譲ってあげて、気持ちが悪くなる人はいませんし、自分自身も良いことをした気持ちになるかも知れません。

これを日常にしていくことで、自分自身の中に余裕が生まれます。

その余裕が、運転をする際に周囲の情報を受け止めやすくなる原因にもなります。


結果的に、感情が安定するようになれば運転だけでなく生活全般に於いて余裕が出来るのではないでしょうか?


ということで、弊社も運転手さんの感情が安定するように心がけていこうと考えております。


心(感情)の支配

2017.03.14

事故を発生させてしまう、認知を遅らせる原因は何か?


認知を遅らせる原因と、どのような認知が欠落してしまうのか?を考えてみましょう。


まず。


①急ぎの心理・・・事故を起こさせるように自分自身を追いつめてしまう。

1.冷静な判断の欠如

2.安全情報の見落とし

3.安全確認の省略

②安心の心理・・・注意力を失わせる。(ボーッとしてしまう)

1.緊張感の緩和

2.将来思考の支配

③慣れの心理・・・面倒くさい

1.基本動作の省略

2.注意力の消失

④怒り・心配・悩み・・・感情による行動力の支配

1.集中できない

⑤人任せにする・・・周りも注意しているだろう

1.相手が不意に停止した時に、自分が停止できずに追突してしまう


まだまだ他にあると思いますが、私の習った範囲ではこれです。

認知の遅らせる原因は、運転者に100%あるといって間違いないです。

で、どのような認知が遅れるのか、車両を安全に運転するために必要な事柄が100%です。

要するに、人間が運転するものだから、100%安全に運転なんて出来るはずがないのです。

人間は機械ではありませんから、失敗はあります。


では、それでよいのでしょうか?

人間だもの・・・

本当にそれでよいのでしょうか?

良いと思ったり、そうだよな~と同意したりするのであれば、その時点で運転には向いていないと思います。


そうなのです。

失敗がある人間が、100%安全運転をしないといけない車を運転するのですから、余程の注意や覚悟で運転をしないといけないのです。


なので、運転に集中できないほどの状態で運転するのはダメなことなのです。


やはり、運転をするにあたっては、「運転するんだ!」というしっかりと明確な意思を持って運転することが必要だと思います。


明確な意思を持った運転は大切ではありますが、普段その気持ちをどのように変換すれば事故は減るのでしょうか?