冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

中古ですが・・・

2015.06.10

中古の大型冷凍車を購入しました。


平成24年式 22万キロです。

走行距離だけ見るとかなり走っているようですが、10年100万キロ使用するトラックでは程度の良いほうになるのです。

普通乗用車でいえば、2年落ち2万キロの車を買うような感じだと思います。


中古トラックを購入する為に、扱う業者さんの数も少ないのもあり、九州~関東まで色々な地域に見に行ったりします。

今回のトラックは千葉県佐倉市まで行って購入してきました(笑)


このトラックを稼動させるために、大阪の地元まで回送して名義変更をしてディーラーに預けて再度点検・リコールによる修理を確認し、看板を付けてそれからになります。

本当は、購入してからすぐに運行させたいくらいですが、なんでも準備は大切だということで、納得いく準備はしておこうと弊社では中古車導入の場合は上記のような段取りを経ることにしています。

実際に大阪~東京間を走るのは6月末~7月初めになるのではないでしょうか?


中古車という事で多少の不安はありますが、良いご縁があったということで期待することにしておきます!

どうか頑張って色々な仕事をこなして欲しいですね!

中学生でもわかる内容。

2015.06.08

今朝、中学校でテニス部に所属をしている私の娘がプリントをくれました。


なんでも顧問の先生が定期的に発行しているテニス部内のプリントらしいです。

内容を見ると、結構良い事が書いてありました。


「~ぐらい」と思うならきちんとすればよいのに・・・

「~ぐらい」の事ができないのに何が出来る・・・


物事に向かっていく人の態度や心が表れると・・・


自分というものが存在するのはこれまでの「ちょっとしたこと」の積み重ねだということ。

今までの「ちっとしたこと」があって今の自分がいるということ。


ちっとしたことでもきちんとできる人、ちっとしたことがきちんとできない人。

その差は必ずどこかで出てきます。

勉強においても、部活においても、生きていくうえでも・・・。


そして最後には、こうか書かれています。

「みんなはどんな結果に自分自身を導きたいですか?」と・・・


これを見て、「ああ~良い先生はいるんだなあ~」とほっとしました。

因みに、郡大会では優勝して帰ってきましたが、このような励まし方があっての優勝だと親としては尚更うれしく思ったりします。


このなかで、私自身日ごろから注意している事がありまして・・・


それは、「丁寧な生活を送る」ということです。


丁寧さを追い求めようとすると、忍耐力の強さを身につけなければいけません。

今現在、効率の良さを追い求める傾向がありますが、やはりその中に「丁寧さ」がないとダメだと考えています。

先生の教える「ちょっとしたこと」がこの「丁寧さ」になるのではないのかなあと思い、プリントを眺めていました。


弊社の出来る事は限られておりますが、出来る事に関して徹底的に「ちょっとした事」「丁寧さ」を考えて実践していくことで、今後、出来る事が増えていく、出来なかった事が出来るようになっていくのではないかと考えております。


この中学生にも教えている「ちょっとした事」ですが、40歳過ぎた私の心に刺さるとは、まだまだだなあと改めて思いましたし、社内全員がこういう思いで業務に取り組んでいけるようになればなあと、自分の中での理想の会社像もさらに出来て良かったと思います。


まだまだ、頭ではわかっていても・・・が多いなあと(笑)

どちらが良いのか?

2015.06.05

悩んでいます。


大型トラックを購入する際に、オートマチック車とマニュアル車・・・

普通乗用車では、AT限定免許の設定があるくらい、車種にATの設定しか無いくらい、AT車は浸透しております。

しかしながら、大型トラックなどの産業用自動車に関しては、未だにマニュアル車(MT車)が多くを占めております。


といっても、燃料高や乗務員さんの疲労軽減を考えて10年前くらいから大型トラックにもAT車が登場してきました。

機械がギアを制御するので、だれが乗っても同じ燃費になるそうですし、クラッチ操作が無いので運転もかなり楽だということなのです。


私も最初登場した時には「おおっ!」と思いましたが、ディーラーさんが積極的に勧めないので、弊社での導入はまだですが、ここ数年は燃料の高騰もあり考えているのです。。


しかしながら、今年の2月に岡山であった踏切事故を見てみると・・・ http://togetter.com/li/782564

どうもATの不良だったようです。


などなど、見ているとやっぱりAT車は不安だな~と思ったりしてしまうのです。。

でも、乗務員さんは楽だし・・・これからは負担をいかに少なくするか?が乗務員さん募集のカギにもなってきますし・・・。。


でも、とりあえず機械ですから使ってみないとわからないのは事実ですし・・・。。


みなさんならどうされるのでしょうか?

自転車のルール

2015.06.01

今朝の新聞やテレビのニュースで下記のような記事を見かけた方も多いと思います。


「重大な事故につながる「危険行為」を繰り返した自転車の運転者に、安全講習の受講を義務づける改正道路交通法が1日に施行される。

 改正法では、従来の道交法違反にあたる悪質運転のうち、信号無視や酒酔い運転、交差点での一時不停止など14項目を危険行為と規定。自動車に比べ、運転ルールを学ぶ機会の乏しい自転車の運転者に対し、受講を通してマナーを向上させて自転車の死亡事故などを減らしたい考えだ。

 1日に施行される改正道交法では、刑事処分とは別に、3年以内に2回以上、危険行為で摘発された14歳以上の運転者に、各地の警察本部や運転免許センターなどでの安全講習(3時間、5700円)の受講が義務づけられる。受講の命令を受けて3か月以内に受講しなければ、5万円以下の罰金が科される。

 警察庁によると、2014年中に交通事故で死傷した自転車運転者10万6427人のうち、約64%にあたる6万7876人が、信号無視などの道交法違反に問われるケースだった。刑事処分の対象となる「交通切符」(通称・赤切符)の交付件数も昨年は7716件で、同庁が全国の警察に自転車の取り締まり強化を指示した06年の268件の約30倍に急増。自転車の運転マナーが問題となっていた。

 自転車絡みの事故は、約18万8000件(04年)から約10万9000件(昨年)と減少しているが、この間、交通事故全体の約2割を占め続けている。自転車単独や自転車同士、自転車と歩行者の事故に絞ってみると、事故件数は約4割減っているのに、死亡事故は逆に51件から82件に増えた。

 こうした状況を受け、同庁では12年から有識者を交えて防止策を検討。道交法などを改正し、14項目を危険行為に規定した。

2015年06月01日 02時34分 Copyright © The Yomiuri Shimbun」


今まで自転車の運転に関しては、免許証もないし、我が物顔で乗っていても注意されるくらいで大したことないや・・・と思っていたのが、そうも思えなくなったということですね。
確かに、自転車による事故が増えているとは聞きましたが、法律を改正する事態にまでなったのですね。。


電動アシスト自転車が出て、ますます使いやすくなった自転車ですが、これからは自分も車に乗っているのと同じ・・・という気持ちで運転していかないといけませんね。



でも、自転車に乗ることが出来ない・・・なんてことはないのですよね。。

6月に入りました!!

2015.06.01

6月です!!


もう、6月です。

6月は頑張ろうかと・・・。。

別に5月に頑張っていないわけではありませんが、売上や物量の伸びが芳しくなかったので、頑張ろうかと。

まあ、世の中の事情というのもありますし、ある程度の諦めはしております。

諦めているので、運転手さんの教育をしたり、車の点検を充実したり、グリーン経営の取得の準備をしたり、バーベキューが出来たともいえます。

そう考えると、諦めるというより、想定の範囲内ということになるのでしょうか・・・?

しかし、売上が伸びないのが想定の範囲内であるとすれば、それって負け惜しみ?又は分かっていながら手を打たなかったのか?と、責められる一因にもなるので、やっぱり諦めるという方が世の中の事情という理由で良いのかなあと・・・(笑)


でも、乗務員さんはじめ社員さんの生活もあるのでそこは何とか頑張っていこうかと思っています!

6月は営業・・・というか、お客様への顔出しを少し頑張ろうかと思っております。

まあ、それで売上が増えれば苦労はないのですが、自分たちが動くことで少しでも世の中が活性化されればと・・・(笑)

後、お客さんに頑張ってくださいと応援しに行こうかと・・・。。


例年、6月はモノが動かない月ともいいますが、なんとか活性化出来る様にささやかながらも頑張ってみようと思います!!


自分への活性化の為のトレッキング・・・昨日は、京都大原から比叡山から滋賀県の大津市を歩いてきました。。