冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

2月になりました!

2017.02.01

2月になりました!


節分にバレンタインに・・・何かと行事が目白押しです。(私には関係ありませんが・・・)

弊社も2月は色々と社内での講習やセミナーや人事異動等があります。


どれも、今後に向けて希望の持てるものでありますので、私自身期待しています。


といいながらも、2月は閑散期ですので、何か配送案件やご依頼があれば遠慮なくお問い合わせ、お申し付けください!

1月31日です。

2017.01.31

昨日の暖かさから一転、風が強くすごく寒くなりました。


1月の燃料価格は前月比で3円/リットル上がりました。

現在の価格は、100円/リットルも目の前です。

店頭価格が、105円/リットルなのでそんなものなのかな?とも思ったりしますが、昨年に比べればここ2か月で一気に高くなりました。


燃料会社によりますと、燃料使用量から見た車の動きはといいますと、近畿圏で極端に鈍っているようです。

関東では、まだマシなようですが、この部分に関しては私たちの荷動きとリンクしています。

近畿圏での荷動きが少なくて、まだ関東圏ではある程度の荷動きは確保されている。

私が配車を始めた十数年前と状況はそこまで変わっていないですね。

延々、この問題を考えてきたような気がしますが、未だに解決できていない問題でもあります。


明日から2月ですが、燃料価格が落ち着いて、近畿圏での荷動きもある程度活発になるような、良いイメージで過ごしていきたいと思います。


がんばりましょう。

今週も頑張ります!

2017.01.30

ようやく1月が終わろうとしています。


1月は長かったような気がします。

これといって何があったわけでもないのですが、一般的な閑散期と言われる時期だったからかも知れません。


閑散期だからこそ、色々と出来ることを準備してやっていく必要はあるので、1月はまずまず予定通りに進んだのではないでしょうか?


2月は、現在運行している便の見直しや乗務員さんや事務所の方々の指導教育が出来ればなあと考えています。


しかし、1月末ともいうのに相変わらず荷動きが少ないですね・・・


これはこれで仕方がないと考えて出来ることをやっていきましょう!

と言いながらも、何かご相談や荷物に関してのご依頼は遠慮なくよろしくお願いいたします!


結果と原因

2017.01.16

年末で一人の乗務員さんが退職されました。


その方には、定期のお仕事を運行していただいておりました。

ある程度は、我慢して運行していただいていたようなのですが、やはり運転手不足による運行過密によって、今後改善される様子もないということで退職を決意されたようです。


運転手不足→過密な運行→運転手の退職→運転手不足→・・・


数年前からこの構図は変わっておらず、どんどん酷くなっているような気もします。

理由として、労働環境の向上よりも、サービスや効率化を重視して実施してきた結果ではないかと考えています。

労働力不足といいながら、労働力の一番必要な部分に関してのサービス合戦が拍車をかけているようにも思えます。

新聞やニュースの記事などでも、絵に描いた餅合戦をしているようにしか思えないですし、「今後それを誰がするの?」というふうに見てしまいます。


今後は、このサービスをお客様に提供するためには、そのサービスを実施する為に働く人々の生活までを考えていかないといけなくなるような気がします。


なんとなく本末転倒な気もしないではないですが、世の中の流れがそのようになっているので、これを考えて仕事やシステムを組み立てていかなければ仕方がありません。


ゆくゆくは「この仕事はこういうものだからな・・・」が通用しない世の中になってくるのでしょうね・・・。


そうなった時に、世の中に競争力が出来るのか?


その前に、運送業自体が「ニッチ」な産業になってくるのでしょうね。

なので、弊社ではなるべく運転手さんの生活を考えた仕事が出来る会社にしていきたいと考えています。


今回の退職に関しては、私の大きな反省点でもあります。

運転手さん不足から見える世の中・・・

2017.01.12

ここ数年、運送業界で顕著に表れているのが、運転手さん不足です。


働き手がいないというのもありますが、やりたい仕事ではない部類に入るといった感じになるので人で不足になっていると考えています。

確かに、集荷・納品では厳しい時間指定の割に数時間の待機も当たり前ですし、手積み・手下しで乱箱があれば返品・弁金があったりと、やりたい仕事に入るかというとそうでは無いかもしれません。


以前ですと、車や運転が好きな人なら出来た仕事ですが、車好きの人口も減少している昨今、トラックドライバーの減少も必然といえばそうなります。


このような状況の中でも、ネット通販を始めとする多頻度小口貨物は年々増えてくるわけでありまして、時間指定・受発注から納品までの短縮化等のサービスも過剰になっているような気もします。

そんなサービスなのに、ネット等を見ると「送料無料」など表記してあったりと、配送・輸送に関しては「おまけ」的な要素や考え方が少なくてもあります。

ネットで様々な情報がすぐに手には出来ますが、モノに関してはネットのようにすぐに手にできない事を理解した上で生活をすることは凄く大切なのですが、何でもすぐに手にできる・・・と思いすぎなような気がします。(これは私自身が、この業界にいてるからだと思うのですが。)


私も始め、すぐに手にできるモノできないモノの境界線が無くなったり、我慢強さが無くなっているような・・・

欲望は大きくなり、我慢強さは少なくなり・・・という状況が、話は飛びますが「運転手不足」というような、本当は大切な仕事なのに生産性が無い仕事と見られてしまう原因なのかも知れないなあと。


現状で業界全体を変えることは出来ないので、当分はこの「運転手不足」や「労働者不足」は続くと思いますが、私自身「労働集約産業」に身を置いているものとしては、手をこまねいて見るわけにはいけません。


弊社からでも出来る、「やりがい」「働き甲斐」の充実を実施していかないといけないなあと考えています。

今のところ、「労働環境の改善」または、「労働環境に見合った賃金」しかないのでは無いかなと思っております。

まず、それらがしっかりと実施出来ていけば、労働力も集まり、しっかりとしたサービスも行えるはずだと確信しております。


やはり仕事は生活の一部ですし、人生の大半を占めるものですから、「やっててよかった」と思えるような労働環境の充実が、ひいてはお客様へのサービスの充実につながると考えています。


大変だと思いますが、お客様にも協力していただきながら頑張っていきたいと、あらたに思いました。