冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

大阪10トン冷凍車乗務員募集

2017.10.03

10トン冷凍車の大型乗務員を募集しています。


運行経路は、大阪→名古屋→大阪

パレット積みパレット納品(一部手積み手おろし)

福利厚生あり

給与その他条件に関しては、弊社採用担当者までよろしくお願いいたします。

面接は随時実施しております。


オーエスライン株式会社

TEL:06-6682-5611 大北(オオキタ)

osline@muse.ocn.ne.jp

配車係募集のお知らせ。

2017.10.03

弊社では、配車係を募集しております。


余りに簡単ですが、配車係の一日です。

http://www.osline.net/staff.html


主にお客さまからの配送依頼を車両手配するお仕事です。


車両一台当たりの売上や、協力会社さんとの繋がりを考えたりしながら、お客様の配送依頼が手配できた時にはやりがいを感じると思います。


経験者・未経験者を問わず募集しております。


勤務地:大阪又は東京


お問い合わせ:TEL06-6682-5611 TEL:044-201-8612 大北

業務内容

2017.09.25

9月も最終週になりました。

あっという間に、10月に入りますね。


今日は、弊社の業務内容についてお話しできればと思います。

弊社は、大型冷凍車(10トン車・8トン車)を使用した、冷凍食品の倉庫間の輸送を行っております。

冷凍食品はさまざまな荷姿やロットがあるので、パレット輸送がほとんど無いのが現状です。

ということは・・・手積み・手降ろしの荷作業になります。

パレットにての荷積み・降ろしに比べるとはるかに、労力のいる作業だと思います。


なので・・・

多少、運賃が高く、多少、給与が良くなるようにしたいのですが、少しずつは改善されつつあるのですが、これといった大きな改革にまで至ってないのが現状ではあります。


9月上旬より求人広告をだしておりますが、やはり面接にさえ来られる方が少なく、業務内容と給与バランス等が合っていないのかなあと悩んだりもします。(※しかしながら、それなりに頑張って給与はお支払している感じなのですが・・・)


といいながらも、減退していく業界や弊社を指をくわえてみていても仕方がないので、業務改善で何かできることはないか?と日々探したり考えたりしております。

この業務改善が出来れば、労働時間の問題も、高齢者は働けない問題も解決できるのではと思ったりします。


弊社は今月決算期ですが、来期は一つでも業務改善が出来るように頑張っていきたいと思います!

月197時間残業も…運送会社「大宝運輸」で違法残業 全国初の社名公表 名古屋

2017.09.05

月197時間残業も…運送会社「大宝運輸」で違法残業 全国初の社名公表 名古屋

 人手不足が深刻になっている運送業界。名古屋の会社が運転手に違法な残業をさせたとして、全国初の社名公表です。

 名古屋市中区に本社がある「大宝運輸」は、複数のトラック運転手に違法な長時間の残業をさせていたとして、4日、愛知労働局から指導を受けました。

 労働局の調査で全体の2割を超える84人の運転手についていわゆる「過労死ライン」とされる月80時間を超える残業が確認され、最も長いケースでは残業が月約197時間に上っていました。

 大宝運輸は4日午後5時から会見を開き、「去年から取引先を減らすなど長時間労働の改善を進めたが、手取りが減ったことで会社をやめてしまう運転手が増え、人手不足が続いている」などと説明しました。

 厚労省は電通社員の過労自殺問題を受けて、今年1月から違法な残業があった企業の公表基準を拡大していて、新しい基準が適用されたのは全国で初めてです。


このようなニュースが昨日ありました。

基本的に、既定の労働時間内で終わるような運送業務にしようと弊社でもいろいろとお客様と交渉しておりますが、正直な話、「待機時間」がある限り、このような問題は絶対になくならないような気がします。


運送会社の経営は運賃で成り立っています。

運賃は、A地点からB地点まで物を運ぶことで発生します。

現在の多くの運賃の基準となるものは「距離」です。「時間」ではありません。

この荷物は、「6時間」輸送にかかるのでこの運賃です。

とはならず、この荷物は、「600㎞」輸送するのでこの運賃です。

となります。

荷主都合の待機時間に関しての乗務記録の記載義務がありますと、謳っておりますが、これが何の役に立つのか現状ではよくわかりません。

1:労働時間を短くするために「運賃」をあげます。

2:「運賃」が上がったので、運ぶ品物の価格に転嫁されます。

3:「運賃」が上がったけども、労働時間を減らすためなので「給料」は今までどおりです。

4:今までと同じ「給料」で、運賃の上昇分が転嫁された品物を買えるでしょうか?

単に労働時間を短縮する・待機時間を記録することで何が改善されるのでしょうか?

やはり、根本的な部分の根っこをゴソッと取ってしまわないと、中々物流に関する労働時間問題を解決するのは難しいのではないかと考えたりします。

九州のお魚が東京で食べれる。

北海道のさんまが九州で食べれる。

こういった事さえも難しくなってくるような気がしないでもないです。

業務開始しています。

2017.08.17

一日遅れましたが、昨日8月16日より業務開始しております。


20日まで休みのところもありますし、17日までお休みのところもありますし、最近何かに合わせたような休暇ではなく各企業の個性が出ているようなお休みになっていますね。


弊社の決算もあと1か月余りになりました。

今期の予算は達成できるのでしょうか?

中々思うようにはいきませんが、頑張っていこうと思います!


後半もよろしくお願いいたします!