冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

安全運行

お客様から預かった荷物を確実に届ける

輸送の安全に関する基本的な方針

  1. 代表取締役は「輸送の安全」が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全確保に関して必要なあらゆる処置を講ずることとし、役職員に「輸送の安全」が最も重要であるという意識を徹底させ、「輸送の安全」について主導的な役割をはたしてまいります。
  2. 会社は、「輸送の安全」を確保するための安全方針を策定し、現場での実施後、内部チェックの実施、方針の適切な見直し、安全方針の改善策定、というPDCA(Plan Do Check Act)サイクルを確実に実施し、継続的な安全性の向上に努め、全社員が一丸となって安全確保に取り組みます。

オー・エス・ライン株式会社
代表取締役 大北壮浩

安全性優良事業所認定取得

当社は、社団法人全日本トラック協会よりその安全性が評価され
「安全性優良事業所」の認定を受けています。

公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。

安全性優良事業所認定取得

定期的な適正診断の実施

適正診断の実施イメージ

適正診断用の装置でしっかりとした診断をします。

社内安全運転会議

乗務員全員参加の安全運転を再確認するための会議を月1回開きます。

安全運転会議

自動安全運転センターに派遣しての安全運転講習の実施

茨城県ひたちなか市にある安全運転中央研修所での安全運転体験講習を乗務員全員参加で年1回受講しています。
プロドライバー向けの実施と理論が一体となった実践的、専門的かつ高度な安全運転研修です。

安全運転研修

このページの上へ

デジタルタコグラフによる車両稼働状況把握

デジタルタコグラフ

運行時間中の走行速度などの変化をグラフ化することで
その車両の稼働状況を把握できるデジタルタコグラフ。
このデジタルタコグラフで、きめ細かい安全運転管理・運行管理をしています。

このページの上へ

GPSによるリアルタイムな
位置情報・温度情報

GPS(動態管理システム)を自社便全車に導入しています。
運行エリアのどこにいてもリアルタイムに車両の位置や温度情報を知ることが出来ます。
GPS全車搭載1

GPS全車搭載

アルコールチェッカーの
乗務員携帯

顔色等判断出来るテレビカメラ機能のある、アルコールチェッカーで、遠隔地発の運行前にも、事務所で点呼を実施しています。

アルコールチェッカー

ドライブレコーダーによる
運転状態の常時管理

室内・外に取付けてある、ドライブレコーダーは、少しの衝撃でも事務所のPCに映像が常時送られるようになっています。これで、急ハンドル・急ブレーキ・荷崩れを極力防ぎます。

ドライブレコーダー

冷凍庫内温度計による
温度管理

冷凍庫内には、温度センサーを取付けています。これにより、温度軌跡を管理することが出来ます。今後は、この温度計のデータを常時事務所に送られて来るようにする予定です。温度の動態管理をします。

冷凍庫内温度計

安全に確実に荷物を届けるための乗務員教育

乗務員ランキング

各乗務員の安全運転と経済運転をランキング化することにより、運転者自身による安全意識・運転モラルの向上に繋がります。

乗務員ランキング

管理者による安全講習

毎月管理者による個別の安全講習を行っています。
事故には至らずとも一歩間違えればのシーンを検証し、原因を考えることで未然に事故を防ぐ意識を高めます。

管理者による安全講習

自己評価設定シート

自らの目標を自発的に設定し自己管理することによって、目標達成意識の高揚と能力開発を目的に実施しています。

自己評価設定シート

社員同士の意識改革

最終的には、ABCと安全運転・経済運転を評価します。弊社の社員の約90%が「A」評価です。

社員同士の意識改革

このページの上へ