冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

頭打ち・・・

2017.03.02

あらゆる業種でサービスの見直しがニュースになっています。


理由は、「人手不足」。


弊社も、求人広告を出していますが、なかなか応募者がおりません。

応募者がいて面接をしても、一昔前なら「なんとか働きたい」という感じでしたが、今は「働く場所を見極める」為に面接に来る・・・そういった感じがすごくします。

いわゆる、会社が応募者を面接して採用を決めるのではなくて、応募者が会社を面接して働くに値するかどうか?を決める感じです。


その話だけを聞くと、「すごいな」と思ったりするのですが、基本的には労働者の方が立場は強いのは変わっていないわけで、働くのも自由、辞めるのも自由というのが、この人手不足になって浸透してきたのではないかと考えたりもします。

その人がその会社の適正にあるかどうか?も問題になるので一概には言えませんが、世の中の流れはそのようになっている気がします。


お客様・企業・労働者がいたときに、お客様・企業側に考えが偏っているから、それが平等になってきていると思った方が良いかもしれません。


今までは、お客様・企業・労働者この「3方良し」のバランスがとれていなさ過ぎたのですよね。

自分がやりたくないことを、あえてサービスという名のもとに要求している・・・

人口が多いときはまだそれで構いませんが、人口が少なくなるとそういうわけにはいかなくなるのは当たり前です。

ましてや、これだけ何かにつけて情報があふれている世の中になると当然です。



弊社の経営理念で、すべての顧客(お客様・従業員・得意先)に良くしていくことで発展するとうたっておりますが、そのような時期が来ているような気がします。


自分がやりたくないような仕事は、誰もしない。


自分ができると思う仕事は、誰でもしたい。


なんだか、いろいろな情報に惑わされて当たり前の事を当たり前に考えることが出来なくなっているような気がします。


弊社もこの仕事は適正か?


を、しっかりと考えていけるようにしていきたいと思います。

そうでないと頭打ちになるのは目に見えていますから。

3月です!

2017.03.01

今日から3月です!


今月の弊社の安全運転目標は、「発車時の右後方確認」です。


左右の確認はもちろんなのですが、やはり忘れがちなのが、後方確認です。

今月は、右後方という風に右左を指定していますが、基本的には、左右後方確認は必要です。

その中でも、発車時には右後方が大切ですね。ということです。


今月は、決算月のお客様も多いと思いますので、弊社として協力していけるように頑張っていきます!



今月もよろしくお願いいたします!

バレンタイン

2017.02.14

バレンタインです。


社内には、バレンタイン用のチョコレートが置いてあります。


百貨店をはじめスーパーでもチョコレート売り場がこれでもか・・・という位に大きくなっています。


そういえば、昨日テレビのニュースで、貸衣装業者さんがダイレクトメールを配送業者に頼んだのに全く配送されてなくて、見込売り上げの10%しか売り上げが無かったという情報がありました。

配送業者さんの言い分は、「印刷代は保証しますけど」とか「人手不足で」とか、全然謝罪の感じではなかったような感じでした。

その貸衣装業者さんは、資金繰りに窮して大変な状況にあるということです。


私たちの仕事は、単にモノを右から左に・・・ではなく、お客さんのお仕事まで一緒に引き受けていると考えていかないといけません。

趣味でダイレクトメールなんて発送しないので、やはり言い訳はダメですよね・・・。


こういう配送業者があるので、運送も含めて質が悪いという風になるのですよね。

働き方改革

2017.02.02

現在、長時間労働による問題がクローズアップされています。

大手企業の残業問題もニュースで取り上げられるようになりました。


2年後の実施に向けた働き方改革実現会議も政府の中で頻繁にあるようです。

今回は、運送・建設等もかかわらず一律で法律が決められ、違反した企業に関してはそれなりの罰則もあるようです。


と、言っても現在でも当たり前のように集荷・配送による倉庫での待機時間が数時間にもなる食品輸送に関して、果たして実現可能なのでしょうか?

国土交通省もそこら辺は理解しているようで、下記のようなものがホームページに出ています。

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai6/siryou13.pdf#search=%27%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9%E6%94%B9%E9%9D%A9+%E9%81%8B%E9%80%81%E6%A5%AD%27

まあ、運送業でもその中に様々な業態がある為に、それについて全て網羅している訳ではありません。

全て網羅しようとすると莫大な時間と物流全体を取り巻く話し合いや意見交換をする必要があるのではないかとも思ったりします。


数年後実施ですよと言われても、周辺の環境が現在と同じままであれば、人で不足とも相まって運賃に影響が出てくるのは間違いのない話でありますし、「時間だから終わります・・・」と集荷・配送途中で業務を終了しなければいけなかったり、長距離輸送自体の存続が難しくなってきます。

一部の企業では、モーダルシフトといって、鉄道貨物を利用する取り組みもありますが、震災等の天災に強いかといえばそうではないリスクを負わないといけなくなっています。

労働時間改革の中で、長距離輸送が出来なくなると、そのような時に対応できるドライバーが育っていないために、物流の混乱もきたしたりするのかな?とも考えたりします。

東日本大震災の時は、私の会社でも東北等への輸送が増えたのは間違いありませんし、それにより色々とリスク回避が出来た荷主さんもあると考えています。

その中での、労働時間の厳格化・・・となりますと、色々と考えてしまうのですが、現状では中々良い案が思いつきませんし、弊社だけで出来ることもそう多くは無いことがわかりました。


と、いいながら、厳罰化されるので考えない訳にはいかず、色々と頭を悩ませております。

しかしながら、実現できると労働効率の良い運送や物流になりますし、未来も見えてくるような気がしてなりません。


何か良い方法があればよいなあと思う今日この頃です。


2月になりました!

2017.02.01

2月になりました!


節分にバレンタインに・・・何かと行事が目白押しです。(私には関係ありませんが・・・)

弊社も2月は色々と社内での講習やセミナーや人事異動等があります。


どれも、今後に向けて希望の持てるものでありますので、私自身期待しています。


といいながらも、2月は閑散期ですので、何か配送案件やご依頼があれば遠慮なくお問い合わせ、お申し付けください!