冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

今週で

2016.08.29

今週で8月も終わりです。


今年の夏はうだるような暑さもありましたが、ここ最近は台風の影響もあってか涼しく過ごすことが出来ているのではないでしょうか?


弊社もようやく川崎に車庫が見つかり、現在冷凍機用の電源スタンバイ設備の工事中であります。

これで、土曜日積みの月曜日納品などの宵積みも可能になります。

また少しですが、川崎事務所から東京営業所へと近づいてきました。

一度に揃えば良いのですが、良い事務所、良い会社にしていくにあたって、私自身のペースで確実に進めていっております。


学校も8月が終わり、9月の新学期になるのと同時に弊社も心機一転頑張っていければよいなと考えております。


ご協力よろしくお願いいたします!

台風がきてます。

2016.08.22

朝から関東では台風による雨や風が続いています。


こちら神奈川県では厚木市や横浜市の一部で避難準備情報が出ています。

自宅から東扇島の事務所に通うのにも路肩がほぼ水没している個所もちらほらみられました。

勢いよく走るとハンドルを取られるくらいの深さです。

川崎の事務所に到着して車から降りて事務所に向かう途中で強い風の為に一瞬で傘がぼろぼろになってしまいました。

こんな経験も初めてです。


しかし、熱帯のような気候ですね。

以前の会社で赤道近くの国に仕事で数か月居たことがあるのですが、最近の天候はその時の天候に似ている感じがします。

温暖化もここまで進んだんだなあと・・・


温暖化で暖かくなっている中での、冷凍輸送の仕事・・・

なんとなく面白いなあと。。

しかし、年々冷凍機にかかる負担は増えているのかな?と思ったり。


とにかく、外は風が強いので意味なく出るのはやめていた方が良いかも知れませんね。

プレミアムフライデー構想

2016.08.13

今朝の記事で、「プレミアムフライデー構想」なるものがありました。


月末の金曜日に午後3時に退社させて個人消費を喚起する・・・


まあ、なんて馬鹿なことを言っているのでしょうか?

本当にダメ政治の典型ですねえ。


個人消費を喚起するにあたって、サービスを提供する側が必要な訳でありまして、それに従事する方々はプレミアムフライデーを満喫できない訳でありまして、一体誰のための政策なんでしょうか?

労働時間の問題や、同一業種同一賃金など、本当に何を考えているのかわからない政策が多いなあと。


正直なお話、私たちの世代としては、年金等を含む老後の事が気になって仕方がないのに・・・

そういった根本的な話は何も出ないで、消費喚起・・・とは寂しい限りですね。

生活の安定があってこその消費であって、生活の安定のないままの消費はただ単に「刹那的に生きる」を推奨しているとしか思えないのです。

やはり会社でもそうですが、従業員さんは仕事と生活の安定を求めているのであり、刹那的な楽しさを求めているのではないような気がします。

まあ、色々と試してみるのも大切ですが、なんというかしっくりといかない感じがしてなりません。


消費が少ないのは、不況でもなく、生活水準の問題でもなく、成熟しきっているからだろうなと思ったりするのです。


みんなが贅沢を出来る世の中に・・・といってもそれぞれの価値観は違うわけでありまして、それを押し付けられるのは少し違うような気がしない訳でありまして。。

まあ、私自身はプレミアムフライデーには関係のない業種ですので、うらやましがっておくことにします。

メダル

2016.08.09

先日から、オリンピックがはじまりましたね。


日本選手が目覚ましい活躍をしております。

最初は、治安が施設が・・・などと、開催や参加自体を不安視していましたが、さまざまな協議でメダルを獲得されるとそんな不安も一蹴されて、盛り上がる大会になりますね。


でも、いつもこういうものを観戦していると、この競技の裏では壮絶な練習や精神的な葛藤があったんだろうなと考えてしまいます。

そう思いながら見ると、メダルを獲得された方やされなかった方に関してもさまざまな気持ちが伝わってくるような気がします。


大舞台で実力を発揮できる・・・本当にすごいことだと思いますし、私自身そんな大舞台の経験が無いので尚更、感心したり感激したりします。



今後もさまざまな競技が続きますが、何事も起きずにしっかりと実力を発揮していただき、テレビの前の私たちを幸せな気持ちにさせてもらいたいと思います。

本日で・・・

2016.07.20

本日で1学期の終業式という小中学校は多かったのではないでしょうか?


明日からは、子供は喜ぶ夏休み、親はお昼ごはんやお手伝いをしない子供に手を焼いて仕事が増える日々が続くと思います。

夏休み後半になると、宿題の手伝いやハッパかけで親はさらに大変になりますが。


私たち運送会社としても、子供の飛び出しや行楽地へ行く自家用車が増えるので注意をする時期であります。

いつも通る道のいつもの時間帯でも夏休み中となると様子が変わる場合が大いにあります。

わかりやすい例でいえば、休日のオフィス街と平日のオフィス街みたいな感じです。

ここまで極端でなくても、子供たちが学校に行かないという事例が加わるだけでも、街中の様子は少し変わってくるものです。


普段なら・・・いつもなら・・・という感覚で運転をすることなく、もしかして・・・いつもと違うかも・・・という感覚で更に神経を使って運転をする必要が出てくるのです。


しかしながら、普段から「もしかして・・・」「かも知れない・・・」運転を実施しているドライバーさんは、自ら変化を感じ取ることが出来るのではないかと思います。


ドライバーのみなさんは、季節の変化や街の変化を感じ取れるようになれば、周囲の状況をよく確認している証拠なのではないでしょうか?


私の勝手な見解ではありますが、運転中のご自身を振り返ってみてはいかがでしょうか?

様々な変化を感じ取れるようになっているでしょうか?