冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

ご依頼時の必須事項

オー・エス・ラインTOPICS

Gマーク更新

2016.12.19

Gマークの更新が認定されました。


念のため・・・「Gマークとは・・・」

全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会は、トラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する貨物自動車運送事業安全性評価事業を実施しています。

この貨物自動車運送事業安全性評価事業は、利用者がより安全性の高い事業者を選びやすくするとともに、事業者全体の安全性の向上に対する意識を 高めるための環境整備を図るため、事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。

平成28年3月31日現在、安全性優良事業所は22,242事業所あり、これは全事業所数の26.5%にあたります。

(全日本トラック協会のホームページより)


です。

といっても、このGマーク荷主さんやその他周辺には、認知度が低いようでして、今一つ同業者の中で認識されている制度のような気がしないでもないです。

このGマークを取得していたことでのアドバンテージを感じる場面は・・・トラック協会の補助金等の制度を優先的にというものがあるくらいで営業的にはあまり得をしたことはありません。


しかしながら、Gマークを取得更新する為に、2年に1回、運輸局・トラック協会の監査があるので、社内的には良いような気がします。

・書類をしっかりと整備しておく(監査があるからといってバタバタしなくて良い。)

・トラックにGマークのステッカーを貼ってあることで、それなりに安全優良事業所だと乗務員さん自身が認識してもらえる。

その他いろいろと社内に関して良い影響はあると思います。


しかしながら、それだと本当に自己満足でしかないので、もう少し荷主さんや世間一般に認識してもらえるようになればいいなあと、改めて思いました。


とりあえず、次の更新まで無事故・無違反で頑張っていこうと思います。

関東所属ドライバー募集!

2016.11.02

東京営業所所属の大型ドライバーを募集しています。


大型といっても8トン冷凍車です。

8トン冷凍車とは・・・見た目は4トン車と同じですが、積載量が7トン位まである冷凍車です。


今まで4トン車に乗ってきたけど大型免許がない・・・という方の為に、弊社で免許取得のためのサポートもいたします。

・月給30万円~その他手当あり

・休みは事前の申請で取得ができます

・川崎を拠点とした、関東地場(神奈川・東京・埼玉・千葉)運行です。


※その他、興味のある方は、

オーエスライン株式会社 東京営業所 

TEL:044-201-8612 メール:osline@muse.ocn.ne.jp

求人担当:大北(オオキタ)まで

よろしくお願いいたします。

11月にはいりました。

2016.11.01

11月になりました。


残すところ後、二か月です。


相変わらず、繁忙期と閑散期の差がかなりあるような気がします。

来年に向けてちらほら運賃値上げのお話も聞かれますが、ここまで閑散期・繁忙期の差が出てしまうと致し方がないような感じですね。


労働時間の問題、冷蔵倉庫での待機時間の問題、乗務員不足の問題、それに伴った繁忙期・閑散期の問題等、私たちの業種ではさまざまな問題を抱えておりますが、なんとか乗り切っていきたいと思います。


今月も安全運転で頑張っていきますのでよろしくお願いいたします!

川崎の車庫設備が完成しました。

2016.09.21

昨日の台風は凄かったですね。


こちら川崎の東扇島では夕方~夜にかけて、かなりの風と雨でした。

止むだろうと待機していましたが、気配が無いのでずぶ濡れになりながら帰宅しました。



は、さておき。



東京営業所(仮称)の車庫が完成しました。

トラックを止めるだけなので、ただの土地で大丈夫なのですが、荷物を積んだまま留め置きをする際に電源で冷凍機を稼働させる設備があるのでそれを設置していました。


これで、安心して荷物を積んだままでも留め置きが可能になりますし、エンジンで一日中回す必要がないので、燃料代も節約されます。

東京電力の認可の件もあり、29日からの稼働になりますが、今後も日曜日を挟む積み置き案件をよろしくお願いいたします!


国際物流総合展

2016.09.16

国際物流総合展が9月13日~16日まで開催されていました。


先程、東京ビッグサイトまで行ってきました。

現在の最新のシステムや流行が見れるので、何か目的がある訳ではないのですが、毎回ふらっと見に行っています。


システムに関しては、動態管理やシステム化されたものが多くみられました。

(イメージ的には、ほぼ同じもの・・・)


後は、使い捨てパレットやシートパレット等の物流の簡素化に関係があるものが多くみられたような気がします。

その他は・・・倉庫の無人化に関するものもあったような・・・

定番としては、マテハン機器が大々的に展示してあり、それが花形のようなものですね。(私の会社には関係がないのですが・・・)


でも、先日の横浜のトラックショーにしてもそうですが、「安全運行」に関する展示が殆ど無かったのはさびしい限りですね。

もちろんアルコールチェッカーや運転手さんを指導できるようなドライブレコーダー等の展示はありましたが、あくまでも指導するための補助的なデータ提供なだけであって、実際の事故防止・予防につながる展示は少なかったような気がしないでもないですね・・・。

一社大手の電機メーカーさんは取り組もうとしていましたが、実際に出来ていないということで次に期待しようかなと思ったりしています。


運転手さんの意識を上げるためのシステムや根本的に事故を防ぐシステムなどの展示があればもう少し面白いのかも知れませんね。


うちの会社が「事故予防・安全運転」に関して何か展示できるような仕組みやシステムを考えればよいのかも知れませんね。