冷凍食品 冷凍鮮魚輸送 オー・エス・ライン株式会社

ご依頼・お問い合わせは平日9時から18時まで

電話番号は06-6682-5611

オー・エス・ラインTOPICS

足りないのは知識ではなく意識だった件

2023.07.07

期末テストが返却され始めた先週のある日。

帰宅するなり神妙な面持ちで娘が発した一言。

「お母さん。私に足りなかったのは知識ではなく意識やったわ。」

自分は問いの文章を読み間違える傾向があるから落ち着いて問われている内容を確認しなければならない、数学は単位まで書かなければならない、社会は漢字を間違えてはいけない・・

そういう細やかなところを意識していたはずなのに、そこで落とした点数が悔しい。

と。



自分の非(わかっちゃいるけどやめられない。という部分)を素直に認める気持ちがあること。

今の自分の位置、苦手なことを自覚し、乗り越えていくために工夫すること。
勉強よりも身につけて欲しかったのはその心意気。

その意識があるならもう大丈夫。

母は黙ってあなたの今後を静観します(多分)。


と言うたものの・・

1週間も経つと、開放感全開で体たらくなライフスタイル復活、部屋は荒れ放題・・
崇高な「意識」はどこに行ったん?
と、朝からキレ散らかしてきた母でございます(静観するという意識をどこかに置いてきた自分は棚に上げ)。

思えば遠くへ来たもんだ

2023.06.20

その時必要であったものが、今そうではなくなっていること。それは自分がいくらかでも前に進み、卒業したという証。


一人歩きできるようになると、あんなに頼りにしていた歩行器がなくても不安ではなくなるように「お世話になりました。おかげで今の私がいます。」と潔くその場を後にする。

そうしてできた余白にまた新しいものが訪れるのだと思います。

先日東京へ出張し、いつも気持ちよく対応くださる電話口の向こうの皆様に直接お会いすることができました。


その夜、大阪空港から阿部野橋方面へ帰る高速道路から中央公会堂が見えたとき、昨年の今頃はこの付近を歩いていた自分、30年近く通いなれたこの景色。
一方転職しなければ出会うことのなかったその日お会いした方々の笑顔を思い出しながら、もう後戻りできないほどに自分の世界は進んでいるんだな。と、しみじみこみ上げるものがあり「思えば遠くに来たもんだ」と、思わず涙が出そうになりました。

人生の優先順位を考えたときにあの時は退職するしか選択肢はなかったけれど、勇気を出して外の世界に飛び出してみればこうして居場所と役割がある。

1つの世界を無事に卒業できたということなのだと1年越しで答え合わせができたような、清々しい気持ちで本日も目の前の業務に邁進しております。

効率とクオリティの共存について

2023.05.30

小学1年生の頃、放課後は学校近くの祖母の家に帰り、母親が迎えに来るまでの数時間を祖母と過ごしていました。

当時、祖母は箱作りの内職をしていました。
いわゆる四辺を谷折りにして蓋をはめるというシンプルなもので、ちびっこの私にもできそうなお手伝い。


最初は祖母の手元を見習いながら1つずつ組み立てていましたが、「あれ?2つ重ねたら1回の作業で2箱作れる!」と気づくわけです。

ということは・・
5
つ重ねたら一気に5つ。と天才的発見(!)をしてしまった自分にワクワクが止まらず、急ピッチで箱を積み上げて行きました。


優しい祖母は「早いね!助かるわ。ありがとう!」と、笑顔でちびっこの自尊心を満たす模範解答をした後、私がいないところでやり直していたと思われます。

厚紙なので2枚までは箱のクオリティを損なわず作成できる許容範囲。

3枚以上になると重ねたときに折り目の角度が甘くなり蓋が開けにくくなるわけです。


この業務はこうすれば効率が上がるよね。と数パターン考えたとき、クオリティが担保できるか、願わくはクオリティまでも向上する方法であるか否か。

効率とクオリティは必ずセットで考えるようになりました。


これは!とひらめいたときほど要注意。

はやる気持ちを押さえながら、いつも祖母の箱のことを思い出します。

ありがとうと言ってくれたけれど、本当にこの工夫はエンドユーザーまでを幸せにしているのか。

そんなことを自問しながら本日も「あんなこと良いな、できたら良いな」と妄想しております。

自己紹介させていただきます

2023.05.23

本年1月に入社しました梅谷でございます。


社長とは中学2年生の時同じクラスでした。


毎日自由に生きている姿が微笑ましく(女子の間では「本日の大北君」という日直並みの申し送りがあったくらい)おかげさまで楽しい学校生活を送ることができました。


時は移り10年前の同窓会。

「あの大北君」がとある会社の社長業を行っていることに驚愕(失礼)。

仕事への取組み方、お客様への思い、とても全うな考えと責任感、そして幅広い勉強量、話を聞くほどに、え?こんなマトモな人やったん??と失礼にも程がある2度目の驚愕。


そこから早10年。

あれこれ仕事の話をしていく中で、少人数で全てをまわす労力や目配りは大変だけれど、小回りが利くからこその利点を生かし、お客様のかゆいところに手が届くような仕事ができるかも、少数精鋭で思いを形にしていけるかも、そんな可能性を広げてみたくてワクワクしながら転職を決意した次第です。


早くフル稼働できるよう、走りながら学んでおりますので温かくお付き合いいただけますと嬉しいです。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。